過去の各礼拝説教・ハイデルベルク信仰問答・ウェストミンスター大教理問答の学びは上記サブメニューからお進み下さい。

アドベント第1週 クリスマス月間礼拝説教 (2019年12月1日)

 

 クリスマス月間説教01     主の2019年12月1日

 

 

 

 しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。それは律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。あなたがたが子であることは、神が、「アッパ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子であれば、神によって立てられた相続人でもあるのです。

 

                   ガラテヤの信徒への手紙第章4-7

 

 

 

  説教題:「時が満ちて、女から生まれるキリスト」 

 

上諏訪湖畔教会牧師 足立 正範

 

 おはようございます。今年もクリスマスの季節がやって来ました。キリスト教会の暦では本日121日より1224日までアドベントです。

 

 

 

教会の暦とは、「教会暦」と呼ばれ、キリストの生涯の主な出来事を、1年を通して記念し、祝って行きます。アドベントから教会の新年が始まります。

 

 

 

アドベントとは「待降節」です。アドベントは「到来」という意味です。主イエス・キリストは父なる神の独り子です。その主イエス・キリストが人となられて、この世にきてくださいました。それが主イエス・キリストの来臨です。

 

 

 

キリスト教の言葉で「受肉と降誕」と言います。それがクリスマスです。主イエス・キリストの誕生です。

 

 

 

1225日が主イエス・キリストの誕生日です。クリスマス後を主イエス・キリストの御降誕を祝う降誕節としました。そして主イエスの御受難と十字架の死と復活を祝う四旬節、復活節と続きます。そして主イエス・キリストの昇天と聖霊降臨を祝うペンテコステ、そして再びアドベントとなるのです。

 

 

 

また、プロテスタント教会では、主イエス・キリストの生涯の出来事を言う以外に、宗教改革の記念日を祝いますし、わたしたちの日本キリスト改革派教会の創立記念日を祝いますし、創立日を祝う教会もありますし、召天者を覚える教会もあります。

 

 

 

教会の暦と共に聖書日課が4世紀ごろから生まれました。1年間を教会の暦に従い、礼拝で主イエス・キリストの生涯の出来事に関連する聖書の箇所の御言葉を朗読し、説教することです。

 

 

 

アドベントの季節には旧約聖書の預言書のメシア預言の聖書箇所が朗読され、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる福音書の聖書箇所が朗読され、説教されます。

 

 

 

さて、アドベント、主イエス・キリストの来臨は、二度あります。第一回目がクリスマスの出来事です。父なる神の独り子主イエスが受肉され、処女マリアから聖霊によってお生まれになった出来事です。それを、ヨハネによる福音書は「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」と言い、キリスト教会は「キリストの受肉」、クリスマスと呼んでいるのです。

 

 

 

そして、第二回目のキリストの来臨がキリストの再臨であります。十字架に死なれた主イエス・キリストは、三日目に復活し、天に昇天されました。復活された主イエス・キリストは11弟子たちに聖霊をお約束になり、再びキリストの霊である聖霊として弟子たちといつまでもいることを約束され、この世の終わりに再び来ると約束してくださいました。

 

 

 

だから、アドベントの季節に教会は、主イエス・キリストの御降誕を祝う準備をし、世の終わりに来られる主イエス・キリストに備える準備をするのです。

 

 

 

そういう意味でキリスト教会とキリスト者たちにとってアドベントは、主イエス・キリストを待ち望む希望の時であります。

 

 

 

わたしたちは、今朝からのクリスマス月間、主イエス・キリストの御降誕に備えると共に、再臨の主イエス・キリストを待ち望みながら、共にクリスマスのメッセージを聴き、クリスマス讃美歌を歌いましょう。

 

 

 

さて、今朝は、使徒パウロの御言葉から、どのように主イエス・キリストの受肉の信仰が、わたしたちの前に現れたのか、教会のクリスマスの信仰の始まりを学びましょう。

 

 

 

もう一度今朝の御言葉をお読みします。「しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子であれば、神によって立てられた相続人でもあるのです。(47)

 

 

 

使徒パウロは、主イエス・キリストの12弟子の中に含まれていません。彼は生前の主イエスとは関係がありません。むしろ彼は主イエスに敵対したファリサイ派の人々に属していました。エルサレムの教会を迫害し、外国のダマスコある教会を迫害しようとしました。その途上で彼は復活の主イエスに出会い、ユダヤ教のファリサイ派からキリスト教に回心し、同時に復活の主イエス・キリストから異邦人にキリストの福音を伝える使徒に任じられました。

 

 

 

彼は、シリアのアンティオキア教会から宣教に派遣されて、小アジア、現在のトルコ、ギリシア、イタリアのローマまで、彼の希望として、スペインまでキリストの福音を伝え、教会を建て上げようとしました。

 

 

 

彼が人々に伝えようとしたキリストの福音を、今朝学びますガラテヤの信徒への手紙は生き生きと伝えているのです。

 

 

 

使徒パウロは、アドベントを、すなわちキリストの到来という歴史的出来事を、「時が満ちる」と言っています。

 

 

 

満ちる」というのは、わたしたちが水道の水をコップに入れて、溢れさせた状態のことです。

 

 

 

それを、昔の神の民であるユダヤ人たちは、捕囚からの解放の日にたとえました。

 

 

 

外典と呼ばれる神の民ユダヤ人たちの書物があります。聖書に入れられていませんが、ユダヤ人たちの敬虔な信仰を伝えている書物です。彼らがどんなに迫害に耐え、熱心に祈り、主なる神を礼拝し、服従したか、彼らの信仰が生き生き伝えられています。

 

 

 

その外典の中にトビト記という書物があります。その書物に「時が満ちるまで」を捕囚からの解放にたとえて、こう記しています。「しかし、神は再び彼らを憐れみ、イスラエルの地に連れ帰り、ご自分の家を再建される、しかし、再建されても、定められた時が満ちるまでは、元どおりにはならない」(トビト記14:5 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 続編P24)

 

 

 

パウロはトビト記を読んでいたでしょう。そして、神の民ユダヤ人の捕囚からの解放を、十字架の主イエス・キリストによる罪からの解放に適用したのです。

 

 

 

だから、彼は、今朝の御言葉で、まず45節でこう言おうとしているのです。「神が定められ、御計画された救いの日が来ました。神は御自分の意志に従って永遠から存在されていた御子なる神を、人間として生まれさせ、しかも、ユダヤ人として生まれさせ、ユダヤ人を通して異邦人にアブラハムの約束の祝福にあずからせるために、この世にお遣わしになりました。その目的は、キリストが十字架で神の呪いとなられて、律法の支配下で奴隷状態にある彼らを買い取り、彼らに神の子の身分を与えるためでした」。

 

 

 

「時が満ちて女から生まれられたキリスト」が十字架のキリストです。十字架のキリストの死は、神の御計画でした。昔神は神の民ユダヤ人たちの先祖アブラハムを神の民としてお選びになりました。

 

 

 

神は彼と契約を結ばれました。神はアブラハムの神となり、アブラハムは神の民となると。そして神はアブラハムに二つのことを約束されました。子を与えることとカナンの地を相続地とするという約束です。その約束によってアブラハムにイサクという子が与えられました。約束のカナンの地、すなわち現在のイスラエルとパレスチナを合わせた地を、アブラハムは相続することはできませんでしたが、将来彼の子孫たちが得るというしるしとして、アブラハムと妻サラを葬る土地を得ました。

 

 

 

使徒パウロは、神とアブラハムとの約束を、メシアであるキリストとそのキリストの御国の相続と理解しているのです。しかもパウロは、神とアブラハムの契約を神の民ユダヤ人だけに限定しませんでした。それ以外の異邦人にも及ぶと考えたのです。

 

 

 

神の民ユダヤ人たちは、神の救いを、捕囚からの解放と理解しました。パウロは神の救いを、罪によって神に呪われた者がキリストの十字架によって神の呪いと永遠の滅びから解放され、贖われて神の子とされ、神の御国の相続人にされることと理解しました。

 

 

 

そのために主イエス・キリストは神とアブラハムの契約を実現するために、神が定められた時に、人間として、アブラハムの末であるユダヤ人として、女から生まれ、神の律法の下に生まれられました。

 

 

 

なぜなら、この世の人はすべて、神の律法を守れず、その律法の支配下に置かれ、罪人として神の呪いと永遠の滅びの下に置かれていたからです。

 

 

 

それゆえ、この世界にはクリスマスの出来事はなくてならないのです。十字架のキリストの死はこの世界の中で神の戒めを守れず、神が「むさぼるな」と命じられたら、むさぼりの罪を犯すわたしたち人間には、女から生まれ、わたしたちと同様に神の律法の下に生まれて、御自身は罪がないのに、わたしたちに代わって神の呪いを受け、わたしたちに代わって神の律法を守り、その従順によって神の義を得て下さる主イエス・キリストが必要です。

 

 

 

主イエス・キリストの従順と十字架の死という神の罪からの解放を、パウロは神がわたしたちを贖うと言っています。「贖い」は奴隷を買い取って、自由にすることです。神は、十字架のキリストによって神の律法の下で罪の奴隷となり、神の呪いによって滅ぶべきものであったわたしたちを贖われたのです。

 

 

 

神の民ユダヤ人でない異邦人であるにもかかわらす、神の民ユダヤ人たちと同様に神の子としてくださいました。

 

 

 

だから、パウロは、ガラテヤの諸教会の異邦人キリスト者たちに、「あなたがたは神と養子縁組を結び神の子とされました」と述べて、続いて67節で、こう述べています。「あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子であれば、神によって立てられた相続人でもあるのです。

 

 

 

キリスト教会では、主イエス・キリストをわたしの救い主と信じ、キリストの十字架がわたしの罪のためであり、キリストの復活がわたしの永遠の命のためであると信じる者に洗礼を授けています。

 

 

 

パウロの御言葉は、洗礼を受けた者がどうして自分が神の子と自覚するのか、罪の奴隷から解放され、神の御国の相続人であると確信するのかを語っているのです。

 

 

 

それは、聖霊と深く関係しています。聖霊は、天にいます父なる神と子なる神キリストがこの世に遣わされた神であり、キリストの霊です。主イエスは、聖霊を助け主と呼ばれています。

 

 

 

眼には見えませんが、キリストの霊である聖霊がいますので、ここに教会が存在し、キリスト者とその仲間が集まり、礼拝がなされています。聖霊がいますので、礼拝の中でこうして神の御言葉である説教がなされ、それをここに集まります者たちは神の御言葉として聞いているのです。

 

 

 

そして、聖霊が聞く者の心に働きかけられるので、聞いた神の御言葉を信じる信仰がわたしたちに与えられます。そしてわたしたちは聖霊に導かれて、心でキリストをわたしの救い主と信じ、口で告白するのです。

 

 

 

だから、ここでパウロは、洗礼のことを語ってはいませんが、教会で行われる洗礼という礼典を前提にして、洗礼を授けられた者たちは、彼らが神の子であるというしるしとして、彼らは、神を「アッパ」と呼ぶ御子霊、すなわち、聖霊を授かりましたと述べているのです。

 

 

 

御子の霊」、すなわち、キリストの霊である聖霊は、キリストが十字架において神とアブラハムとの契約を実現されたことを、異邦人たちに適用してくださるのです。わたしたちを、神の民ユダヤ人でない異邦人も、神との養子縁組を結ばせ、長子であるキリストにつながる神の子としてくださるのです。聖霊がわたしたちを、キリストの十字架のゆえに神の子と保証してくださいます。

 

 

 

このようにパウロは、ここでわたしたちがどのようにクリスマスを喜ぶ信仰を得たのかを語っているのです。

 

 

 

どうか、今朝のパウロの御言葉を心に留めて、クリスマスをお迎えください。1224日に家族で、恋人と共に、あるいは一人で、ケーキを食べ、キリストの御降誕を祝いながら、キリストの十字架によってわたしたちは、この世から神の御国へと招かれている喜びに、共に心を向けようではありませんか。

 

お祈りします。

 

 

 

主イエス・キリストの父なる神よ、本日よりアドベントに入りました。

 

 

 

わたしたちは、クリスマス月間として本日より22日までの4主日にクリスマスのメッセージを聴き、クリスマス讃美歌を歌い、主を崇め、賛美します。

 

 

 

どうか、この礼拝を祝し、わたしたちの家族を、知人を、教会の近隣の方々を、諏訪地方の方々をお集め下さり、共にクリスマスを祝わせてください。

 

 

 

「時満ちて女からうまれられたキリスト」に、わたしたちの心を向け、クリスマスに備えることができるようにお導きください。

 

 

 

どうかクリスマスに、被災された方々と共に、孤独と不安の中に入る方々と共に、そして家族と共に、この町の人々共に、キリストの恵みの光を見させてください。

 

 

 

主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

 

12月1日
アドベント クリスマス月間第1週 ガラテヤの信徒への手紙 第4章 4~7節
191201_001_02.MP3
MP3 オーディオファイル 43.7 MB

音声で礼拝説教をお聞きいただけます。

「説教の録音を聞く」をクリックしていただき、次の画面で▷をクリックしていただくと、説教の録音をお聞きいただけます。

ファイルをダウンロードされたい方は、「ダウンロード」をクリックしていただき、ファイルを開くを選択していただくと、ダウンロードが始まり、完了後自動的に再生されます。