ペンテコステ礼拝説教       2020531

 

その後

 

わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。

 

あなたたちの息子や娘は預言し

 

老人は夢を見、若者は幻を見る。

 

その日、わたしは

 

奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。

 

天と地に、しるしを示す。

 

それは、血と火と煙の柱である。

 

主の日、大いなる恐るべき日が来る前に」

 

太陽は闇に、月は血に変わる。

 

しかし、主の御名を呼ぶ者は皆、救われる。

 

主が言われたように

 

シオンの山、エルサレムには逃れ場があり

 

主が呼ばれる残りの者はそこにいる。

 

             ヨエル書第3章1-5

 

 

 

 説教題:「聖霊降臨」

 

 今朝、わたしたちはコロナウイルスの災禍の中にあって、ペンテコステを祝うために、ここに集まりました。

 

 

 

 ペンテコステは、新約聖書の使徒言行録第2章に記録されています聖霊降臨の出来事を記念し、祝うキリスト教会のお祭りです。

 

 

 

 主イエス・キリストは、十字架で死なれて、三日目に復活されました。そして、四十日間にわたって主イエスは、弟子たちに現れ、彼らに神の国について話され、彼らに「聖霊による洗礼」を約束されました。そして、天にお帰りになられました(使徒言行録1:34)

 

 

 

その主イエスの約束は、十日後のペンテコステ(50をさす数詞)に実現しました。それが使徒言行録の第2章の聖霊降臨の出来事です。

 

 

 

大音響と突風のうちに約束された聖霊が舌のような形で集まっていた120名の者たち一同の上に降ると、聖霊の洗礼を浴びました主イエスの120名の弟子たちは、一斉にペンテコステの祭にエルサレムに巡礼していた諸外国の言葉で神の偉大な救いの働きを語り始めました(使徒言行録2:113)

 

 

 

聖霊が120名の者たちの上に注がれ、彼らはエルサレムに巡礼に来ていた人々の言葉で神の偉大な救いの働きを、すなわち、キリストの十字架と復活の福音を語り始めました。キリストの福音をエルサレムからこの世界の果てまで宣教するキリスト教会が誕生したのです。

 

 

 

 聖霊が下られ、生きて働かれると、この世の闇の世界に光であるキリストの教会が生まれ、120名の主イエスの弟子たちに聖霊が注がれますと、彼らはエルサレム、それからパレスチナ、小アジア、ヨーロッパへとキリストの福音を人々に伝え始めました。

 

 

 

 使徒ペトロは、ペンテコステの出来事に驚いていた大勢の人々に、「今預言者ヨエルの預言を通して言われていたことが成就した」と説教し、ヨエルの預言を引用して次のように語りました。

 

 

 

 「神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。わたしの僕やはしためにも、そのときには、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。上では、天に不思議な業を、下では、地に徴を示そう。血と火と立ちこめる煙が、それだ。主の偉大な輝かしい日が来る前に、太陽は暗くなり、月は血のように赤くなる。主の名を呼び求める者は皆、救われる。(使徒言行録2:1721)

 

 

 

 使徒ペトロは、説教し、ペンテコステの出来事を弁明しました。これは酒に酔ってなされた愚かな出来事ではないと。聴衆たちの中には、酒に酔っているのだと言う者たちがいたのです。

 

 

 

 使徒ペトロは、彼らに今朝の9時であると述べて、まだ食事の時ではなく、酒を飲み酔っぱらうときではないと弁明しているのです。

 

 

 

 そして使徒ペトロは、弁明するだけではありません。さらに彼はこう説教しているのです。この出来事は、主なる神が預言者ヨエルによって語られたとおりに聖霊が注がれた出来事なのだと。

 

 

 

 預言者ヨエルは、「ベトエルの子ヨエル(ヨエル書1:1)ということ以外何も分かりません。

 

 

 

 ヨエル書には、彼が預言者活動をしていた頃に、北イスラエル王国と南ユダ王国を統治していた王の名は記されていません。ヨエル書の背景には、シオン、エルサレムという地名がしばしば出てきます。

 

 

 

 民の指導者は、王ではなく、祭司と長老です。

 

 

 

ヨエル書は、紀元前4世紀のペルシャ帝国時代の末期に書かれたと推測されています。

 

 

 

ヨエル書は、ヘブライ語聖書では新共同訳聖書のように4章あります。新改訳聖書は3章です。22832節に今朝の御言葉があります。

 

 

 

ヨエル書のテーマは、神の審判の到来と神の民イスラエルに罪の悔い改めを勧告することです。預言者ヨエルの時代にいなごの襲来という自然災害があり、預言者ヨエルは、それを神の審判の到来の徴と見たのです。彼は、神の民に神の契約に違反した罪を認めて、神との契約に立ち帰るようにと、罪の悔い改めを迫りました。

 

 

 

そして、彼は、3章で神が終末論的な希望の預言を語られたのを、記しています。

 

 

 

2章で預言者ヨエルは、主なる神が神の民イスラエルが神に立ち帰り、再び神との契約関係に入るならば、この世での豊かな祝福に彼らが与ると語ります。

 

 

 

そして「その後」主なる神は、彼らすべてに聖霊を注ぎ、彼らの息子と娘は預言し、老人と若者は夢と幻を見ると告げられています。

 

 

 

4章で主の日、すなわち、神の審判の日に、諸国の民は主なる神に裁かれますが、主なる神はシオンの山に、すなわち、エルサレムに残りの者を残され、彼らすべてが主なる神の御名を呼び、主なる神を礼拝する者たちを終わりの日に救われると言われています。

 

 

 

旧約聖書を読みますと、聖霊が注がれるのは、特別な人だけです。油注がれたのは、預言者と王と祭司です。神の民イスラエルを指導した士師たちも聖霊を注がれました。

 

 

 

しかし、預言者ヨエルを通して主なる神は、「わたしはすべての人にわが霊を注ぐ(3:1)と宣言されています。聖霊を注がれた者たちは、息子、娘は預言者たちのように神の言葉を語ることができます。老人や若者たちは夢と幻を見ることができます。

 

 

 

主なる神が彼らに聖霊を注がれた結果、彼らは皆、神の啓示を与えられ、神の御言葉を語る働きをするのです。

 

 

 

それから主なる神は、ヨエルを通して自然界に不思議な御業を表すと言われています(34)

 

 

 

主なる神は、奴隷の地エジプトから神の民イスラエルを救い出すために、十の自然災害をエジプトに下されました。同様に主の日に、主が来られて、諸国民を裁かれる前に、天と地に不思議な徴が現され、天体に何か異変が現されると言われています。

 

 

 

これは、キリストの再臨ときに起こるものと考えられています。キリストが再臨される時に、大地震、飢餓、戦争、そして天体が崩れるという、天と地に不思議な徴が現れるでしょう。

 

 

 

今朝、ペンテコステのこの礼拝で、わたしたちが心を留めたいのは、二つのことです。第一に聖霊が注がれる祝福です。第二に主の御名を呼ぶ者はすべて救われるという喜びです。

 

 

 

ペンテコステの聖霊降臨の出来事によって、キリスト教会とキリスト者たちは神の御言葉が語られ、聞かれることを通して、常に主イエス・キリストの臨在の中に置かれる恵みに与りました。

 

 

 

今朝のこの礼拝で神の御言葉が語られ、聞かれることを通して、今ここに主イエス・キリストはわたしたちと共に居てくださいます。

 

 

 

さらに教会は、聖霊に導かれて主イエス・キリストを礼拝し、その御名を常に呼び求めています。それは、主イエス・キリストがこの礼拝へとわたしたちを招かれるからです。

 

 

 

預言者ヨエルは、神の民イスラエルに主なる神との契約関係に戻るように呼びかけました。シオンの山、エルサレム神殿で神の民イスラエルと共にいます主なる神は、彼らを御自身の救いと祝福へと導き入れられ、御自身を礼拝する者たちを「主が呼ばれる残りの者」として、すなわち、神の選びの民として永遠に御自身のところに置かれるのです。

 

 

 

 お祈りします。

 

 

 

 イエス・キリストの父なる神よ、ペンテコステの朝、御言葉と礼典の恵みにあずかり、心より感謝します。

 

 

 

 聖霊がわたしたち一人一人に注がれ、上諏訪湖畔教会がキリストの福音を宣教する教会として歩むことを確認することができて感謝します。

 

 

 

 ここに今もキリストが生きて、救いの御業をされていることを、わたしたちの家族に、この世に人々に証しさせてください。

 

 

 

 この祈りと願を、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。