ウェストミンスター信仰告白65    主の20181226

 

 

 

聖書箇所:ヨハネによる福音書第51930(新約聖書P172173)

 

 

 

 「八.仲保者キリストについて」の「三」

 

 

 

 主イエスは、このように神性に結合された彼の人性において、限りなく聖霊をもってきよめられまた油そそがれ、ご自身のうちにすべての知恵と知識の宝があった。み父すべての満ち足れる徳が彼のうちに宿るのをよしとされた。それは、きよく傷なく汚れなく恵みとまことに満ちて、仲保者と保証人の職務を遂行するために完全に備えられるためであった。この職務は、彼が自らとられたのではなくて、み父の召命によるのであり、み父が彼の手に一切の権能とさばきを委ねて、彼にそれを遂行するように命じられたのである。

 

 

 

今夜は、ウ告白の第八章の「三」節を学ぼう。

 

 

 

前回と前々回は、第82節を二回に分けて学んだ。恵みの契約の唯一の仲保者であり、保証人である主イエス・キリストの二性一人格の教理と受肉について学び、ウ告白が古代信条のカルケドン信条を踏襲し、キリストは一人格の中にまことの神であり、まことの人であり、神性と人性の入れ替わり、変化、混合、分離はないと告白するのを学んだのである。

 

 

 

ウ告白は、3節で仲保者キリストの二性一人格をキリストの御業から、すなわち、キリストの仲保者と保証人としての職務から考察する。

 

 

 

 第8章三節を他の訳と比較しよう。

 

(1)  村川満+袴田康裕訳(一麦出版社)

 

 主イエスは、このように神性と結合されたかれの人性において、限りなく聖とされ、限りなく聖霊で油注がれて、自らの内に知恵と知識のすべての宝を持っておられた。そして御父は満ち溢れるものが主イエスの内に宿ることをよしとされた。それはかれが、聖く、傷なく、汚れなく、恵みと真理に満ちて、仲介者と保証人の職務を遂行するのに完全に備えるためであった。その職務は主イエスが自分で取られたものではなく、御父によってそれに召されたのであって、御父はすべての権能と裁きをかれの手に委ねて、その職務を遂行する命令をかれに与えられたのである。

 

(2)松谷好明訳(一麦出版社)

 

主イエスは、このようにして神性に結ばれた彼の人性において、聖霊でもって限りなく、聖とされ、油注がれ、その結果、御自身の内に、知恵と知識のすべての宝を持っておられ、御父は、すべて満ちあふれるものが主イエスの内に宿るのをよしとされた。それは、主イエスが、清く、傷なく、汚れなく、恵みと真理に満ちて、仲介者と保証人の職務を遂行するのに、完全に備えられるためであった。この職務を、主イエスは、自らに引き受けたのではなく、彼の御父によってそれに召されたのであり、御父は、主イエスの手に一切の権能と裁きをゆだねて、彼にその職務を遂行するようにとの戒めをお与えになられた。

 

 (3)鈴木英昭訳(つのぶえ社)

 

主イエスは、このように神性に結合された人性において、限りなく清められ、聖霊をもって油注がれ、御自身のうちにすべての知恵と知識との宝をもっておられた。御父は、彼のうちに満ちあふれるものをすべて宿るのをよしとされた。それは、清く傷なく汚れなく、恵みと真理とに満ちて、仲保者と保証人としての職務を遂行するために完全に備えられるためであった。

 

彼は、この職務を自らとられたのではなく、御父によってそれに召されたのである。御父は彼の手にいっさいの権能と裁きとを委ね、それを遂行するように命じられたのである。

 

 

 

このように神性に結合された彼の人性において」とは、受肉しこの世に来られたキリストにおいてという意味である。

 

 

 

ウ告白は、次のように教えている。永遠の神、父なる神の独り子なる神が処女マリアから生まれ、人間性を取られることで、恵みの契約の仲保者と保証人の職務を完全に遂行することに備えられたのである。すなわち、彼の人性は聖霊によって油注がれ、彼の内にすべての知恵と知識の宝が宿り、それを父なる神は見て満足されたのである。だから、キリストの人性は聖霊によって清く傷なく汚れなく、恵みと真理に満たされている。だから、主イエス・キリストは、受肉の時に完全に十分に恵みの契約の仲保者・保証人としての資格を与えられ、その職務を遂行する準備を完全に整えられていたと。

 

 

 

ウェストミンスター信仰告白66    主の201919

 

 

 

聖書箇所:マタイによる福音書第281620(新約聖書P60)

 

 

 

 「八.仲保者キリストについて」の「三」(続き)

 

 

 

 この職務は、彼が自らとられたのではなくて、み父の召命によるのであり、み父が彼の手に一切の権能とさばきを委ねて、彼にそれを遂行するように命じられたのである。

 

 

 

今夜は、ウ告白の第八章の「三」節(続き)を学ぼう。

 

 

 

前回は、仲保者キリストの二性一人格を真の人の子キリストの御業から学んだのである。すなわち、キリストは人性を取られることで、恵みの契約の仲保者と保証人の職務を完全に遂行することに備えられたことを学んだのである。

 

 

 

今夜は、ウ告白がこの職務が父なる神の召しであること、真の人の子キリストが父なる神に一切の権能と裁きを委ねられ、恵みの契約を完全に遂行されることを学ぼう。

 

 

 

 第8章三節のその部分だけを他の訳と比較しよう。

 

(1)  村川満+袴田康裕訳(一麦出版社)

 

 その職務は主イエスが自分で取られたものではなく、御父によってそれに召されたのであって、御父はすべての権能と裁きをかれの手に委ねて、その職務を遂行する命令をかれに与えられたのである。

 

(2)松谷好明訳(一麦出版社)

 

この職務を、主イエスは、自らに引き受けたのではなく、彼の御父によってそれに召されたのであり、御父は、主イエスの手に一切の権能と裁きをゆだねて、彼にその職務を遂行するようにとの戒めをお与えになられた。

 

 (3)鈴木英昭訳(つのぶえ社)

 

彼は、この職務を自らとられたのではなく、御父によってそれに召されたのである。御父は彼の手にいっさいの権能と裁きとを委ね、それを遂行するように命じられたのである。

 

 

 

ウ告白は、キリストが恵みの契約の仲保者と保証人の職務を自ら進んで取られたのではないと告白する。「み父の召命によるのであり」と、父なる神の召しであったことを明らかにする。真の人であるキリストは、父なる神のお意志に完全に服従し、恵みの契約の仲保者と保証人の職務を完全に遂行されるのである。それが、キリストの十字架への道である。

 

 

 

ウ告白は、次に「み父が彼の手に一切の権能とさばきを委ねて」と教えている。真の人の子であるキリストが恵みの契約の仲保者と保証人の職務を完全に遂行するために、父なる神はキリストに一切の権能と裁きを委ねられたのである。だから、復活された主イエスは、11弟子たちに「わたしは天と地の一切の権能を授かっている(マタイ28:18)と宣言されたのである。主イエスは、弟子たちに「父なる神がもたれている天と地との一切の権能を、わたしに委ねられた」と宣言されたのである。だから、復活の主イエスは11弟子たちに父なる神の権威を持って伝道命令を下されたのである。全世界の民を弟子にせよと。これは恵みの契約の遂行である。神がアブラハムと恵みの契約を結ばれて、彼を全世界の国民の祝福の基とされたのである。それを復活の主イエスが11弟子たちの福音宣教と教会形成を通して、すなわち、御言葉を語り、洗礼を授け、教会員を訓練することで、恵みの契約を全世界へと推進されているのである。

 

 

 

福音宣教は御国建設である。すべてをキリストの支配下に置くことである。恵みの契約が完全に遂行され、御国が実現するとき、キリストは再臨し、すべての者に審判を下されるのである。父なる神は、真の人の子であるキリストに、このすべてのことを命じられ、そのために一切の権能を授けられ、裁きを委ねられたのである。

 

 

 

復活の主イエスは、11弟子たちに伝道命令を下し、彼らに恵みの契約の遂行を促すと共に、ご自身が恵みの契約の仲保者と保証人として、「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる(マタイ28:20)と約束されている。復活の主イエスは、わたしたちが礼拝し、伝道し、教会形成し、恵みの契約を遂行するとき、いつも共にいて下さり、共に働いてくださっている。