ウェストミンスター信仰告白96    主の201987

 

聖書箇所:エフェソの信徒への手紙第41116(新約聖書P356)

 

 

 

 「十三.聖化について」の三節

 

この戦いにおいて、残っている腐敗が、一時、大いに優勢になることもあるが、それでもキリストの聖化のみたまからくる継続的な力の補給によって、再生の側が勝利を得る。それで聖徒たちは、恵みに成長し、神をおそれて聖潔を完成させて行く。

 

 

 

今夜は「十三.聖化について」の三節を学ぼう。

 

 

 

前回は「聖化について」の三節、聖化の範囲と未完成について学んだのである。聖化は全人に及ぶ、すなわち、魂と霊と体の全体に及ぶ。しかし、この世では罪の残滓が残るゆえに、キリスト者のこの世における聖化は、霊と肉の戦いである。

 

 

 

今夜は、キリスト者の聖化と「聖潔の完成」への継続的で漸進的で、最終的に勝利の道であり、福音宣教と教会形成の力であることを学ぼう。

 

 

 

他の訳を参照しよう。

 

(1)村川満・袴田康裕訳

 

 この戦いでは、残っている腐敗が、しばらく、大いに優勢になることもある。それにもかかわらず聖化するキリストの御霊から絶えず力が供給されることによって、再生した性質の側が必ず勝利する。このようにして、聖徒たちは恵みにおいて成長し、神を畏れつつ聖さを完成していく。

 

 

 

(2)松谷好明訳

 

 この戦いにおいては、残っている腐敗が一時的に非常に優勢になることもあるが、しかし、聖化するキリストの霊から継続的に力が供給されるので、再生した性質の側が、必ず勝利する。かくして聖徒たちは、恵みにおいて成長し、神を畏れつつ、清さを完成していく。

 

 

 

(3)鈴木英昭訳

 

この戦いにおいて、残っている腐敗が一時的に大いに優勢になることがあるが、キリストの聖化の御霊の断続的な力の供給によって、再生の側が勝利を得る。それで、聖徒たちは神を畏れて聖化の完成にむかって歩み、恵みのうちに成長する。

 

 

 

ウ告白は、キリスト者の聖化が継続的な働きであると述べている。キリスト者のこの世における完全聖化を阻むものは「残っている腐敗」である。キリスト者は罪を赦された罪人であり、だから、キリスト者のうちに「残っている腐敗」が一時的非常に強くなることがある。罪を憎んでいるのに罪を犯し、欲する善をなさず、欲せぬ悪をなすことがある。

 

 

 

しかし、ウ告白は、キリスト者の罪の現実に絶望するのではなく、聖書の御言葉の約束のゆえに、キリスト者は聖霊の継続的な力の助けを得て、神の恵みのうちにキリスト者の聖化を完成するという終末的希望に生きるように励まされているのである。

 

 

 

使徒パウロは、キリスト者の聖化を、こう述べている。「ついには、わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長するのです。(エフェソ4:13)。「あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます。」(4:15)。これがキリスト者の聖化の道であり、目標である。

 

 

 

日本キリスト改革派教会は、創立宣言以来、キリスト者の聖化を「善き生活」と述べてきた。キリスト教会は福音宣教と教会形成においてキリスト者の「善き生活」の実践によって効果を上げてきたのである。

 

 

 

この世の腐敗した中でキリスト者は、キリストに倣いて神と隣人愛を実践した。キリストへの信仰と十戒を生活の土台に据え、真面目過ぎる、堅苦しいと批判されながらも、信仰と高い倫理を保持し、キリストを証しし、家族に地域に伝道してきたのである。福音宣教と教会形成を、善き生活によって行った。

 

 

日本伝道の力はキリスト者の聖化の生活、「善き生活」にある。創立70周年宣言は教会を見直すと共に、キリスト者の「善き生活」によって教会の伝道の力を回復する試みである。一人ひとりのキリスト者の聖化が伝道の力である。