ウェストミンスター信仰告白111    主の2019124

 

聖書箇所:ガラテヤの信徒への手紙第52225(新約聖書P350)

 

 

 

 「十六.よきわざについて」の五節()

 

わたしたちは、自分の最良のよきわざをもってしても、神のみ手から罪のゆるしまたは永遠の命を功績として得ることはできない。その理由は、そのよきわざと来るべき栄光の間に大きな不釣合があり、またわたしたちと神との間には無限の距離があって、わたしたちはよきわざによって神を益することも前の罪の負債を神に償うこともできず、かえって、なし得るすべてをなした時にも自分の義務をなしたにすぎず、無益なしもべだからであり、またそれが善であるのは、それがみたまから出ているからであって、わたしたちによってなされる以上それは汚れており、多くの弱さや不完全さがまじっていて、神の審判のきびしさに耐えられないからである。

 

 

 

今夜は、「十六.よきわざについて」の五節を先週に続けて学ぼう。

 

 

 

五節で、ウ告白は、「罪のゆるしまたは永遠の命を功績として得ること」ができると考える律法主義を否定している。

 

 

 

だから、ウ告白ははっきりと「わたしたちは、自分の最良のよきわざをもってしても、神のみ手から罪のゆるしまたは永遠の命を功績として得ることはできない。」と断言する。「自分の最良のよきわざ」は、「自分たちの最善の行い(松谷訳)である。

 

 

 

では、ウ告白が自分の最善の善き業によって「神のみ手から罪のゆるしまたは永遠の命を功績として得ることはできない」と、功績主義、あるいは律法主義を否定する理由は何か。

 

 

 

第一の理由は、「そのよきわざと来るべき栄光の間に大きな不釣合があり、またわたしたちと神との間には無限の距離」である。わたしたちの今の最高の善き業と神の御国における栄光を比べると、ウ告白は不釣合であると述べている。罪を赦され、永遠の命を得て、御国に入れることは、キリストの十字架と復活の御業による神の恩寵である。その恵みにわたしたちは何一つ貢献していないのである。

 

また、わたしたちと神との間には無限の距離がある。わたしたちは、昇天のキリストが聖霊をわたしたちに遣わされない限り、キリストの贖いの恵みにあずかる手段はない。どんな最善の行いによっても、わたしたちが神の御心に適い、神に益を与えることはできない。

 

 

 

だから、ウ告白は、「わたしたちはよきわざによって神を益することも前の罪の負債を神に償うこともできず、かえって、なし得るすべてをなした時にも自分の義務をなしたにすぎず、無益なしもべだからである」と告白するのである。わたしたちは、キリストの執り成しなしには、自らが何を行おうと、自分を罪から救えない無益な者なのである。

 

 

 

第二の理由は、「またそれが善であるのは、それがみたまから出ているからであって、わたしたちによってなされる以上それは汚れており、多くの弱さや不完全さがまじっていて、神の審判のきびしさに耐えられないからである。

 

 

 

矢内昭二先生は、次のように述べている。「罪の許しと永遠の命はよきわざに対する功績ではなく、信じる者にイエス・キリストにより、み霊によって、与えられる賜物です。更にわたしたちのなすよきわざの性質を調べても、カトリックの誤りははっきりします。わたしたちのなすよきわざは、わたしたちの力から出ているのでなく、キリストのみ霊の恩恵的働きによるものですから、神の恵みを誇りこそすれ、わたしたちには誇るべきところはなく、しかも最善の善きわざといえども、それがわたしたちによってなされたという限りにおいて、多くの罪と弱さと不完全さにまとわれています。」(『ウェストミンスター信仰告白講解』P174)

 

 

 

キリスト者の生活は、善き生活です。それは、わたしたちの内にある能力で生み出されるものではない。聖霊に寄り頼むことで与えられるものである。

 

 

 

恵みの契約に基づいて聖霊は、わたしたちを十字架と復活のキリストへと有効に招いてくださり、わたしたちに信仰を与えて、義とされ、聖とされ、キリスト者としての新生の歩みへと導かれます。

 

 

 

この善き生活が神の審判に耐えられなくとも、仲保者キリストがおられる。