詩編説教091             主の2018422

 

 

 

いと高き神のもとに身を寄せて隠れ いと高き者の隠れ場に住む者は

 

全能の神の陰に宿る人よ 全能者の陰に宿っている。

 

主に申し上げよ 主に、わたしは言う。

 

「わたしの避けどころ、砦  「わたしの避けどころ、そしてわたしの砦

 

わたしの神、依り頼む方」と。わたしの神よ、わたしは彼に依り頼む。」

 

 

 

神はあなたを救い出してくださる まことに彼はあなたを救い出す、

 

仕掛けられた罠から、陥れる言葉から。仕掛ける者の罠から、滅びの疫病から。

 

神は羽をもってあなたを覆い 彼は彼の羽によってあなたを覆い

 

翼の下にかばってくださる。そして、彼の翼の下に、あなたは避け所を得る。

 

神のまことは大盾、小盾。  神のまことは大盾と小盾。

 

夜、脅かすものをも  あなたは恐れることはない。夜の怖いものを

 

昼、飛んで来る矢をも、怖れることはない。昼間に飛び交う矢を。

 

暗黒の中を行く疫病も 暗黒の中を歩く疫病を。

 

真昼に襲う病魔も  真昼に荒らしまわる悪疫を。

 

 

 

あなたの傍らに一千の人 倒れる、あなたの傍に千人が、

 

あなたの右に一万の人が倒れるときすら そして、あなたの右に万人が。

 

あなたを襲うことはない。 あなたには近づかない。

 

あなたの目が、それを眺めるのみ。 ただあなたの目であなたは見るでしょう。

 

神に逆らう者の受ける報いを見ているのみ。そして悪人たちの報いを、あなた

 

あなたは主を避けどころとし は見るでしょう。まことにあなたは、主、わた

 

いと高き神を宿るところとした。 しの避け所です。あなたはいと高き神をあ

 

あなたには災難もふりかかることがなく なたの住まいとした。あなたには災

 

天幕には疫病も触れることがない。いが臨まないだろう。またあなたの天幕に

 

主はあなたのために、御使いに命じて 疫病が近づかないだろう。まことに彼

 

あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。の御使いたちに彼はあなたの

 

彼らはあなたをその手にのせて運び ために命じる。「あなたのすべての道で、

 

足が石に当たらないように守る。あなたを守るように」。両の手で彼らはあなた

 

あなたは獅子と毒蛇を踏みにじり を運ぶだろう。あなたの足が石に打ち付け

 

獅子の子と大蛇を踏んで行く。えないようにするだろう。あなたは獅子と毒蛇

 

                   

 

「彼はわたしを慕う者だから  を踏み、若獅子と竜を踏みつけるだろう。彼

 

彼を災いから逃れさせよう。はわたしを慕う。それでわたしは彼を救う。

 

わたしの名を知る者だから、彼を高く上げよう。わたしは彼を高く上げよう。

 

彼がわたしを呼び求めるとき、彼に答え なぜなら、彼はわたしの名を知って

 

苦難の襲うとき、彼と共にいて助け いるから。彼はわたしを呼ぶ。それでわ

 

彼に名誉を与えよう。 たしは彼に答える。わたしが彼と共に、苦難

 

生涯、彼を満ち足らせ の中で、彼を救い出し、彼を尊ぶだろう。日々の長さ

 

わたしの救いを彼に見せよう。」でわたしは彼を満ち足らせ、彼にわたしの

 

               救いを見せるだろう。

 

                  詩編第91116

 

 

 

説教題:「神のもとに身を寄せて隠れ」

 

詩編第91116節の御言葉を学びましょう。

 

 

 

詩編91編は、表題がありません。

 

 

 

90編と91編と92編はよく似た思想の表現があります。たとえば90編の1節と91編の1節と92編の14節です。主なる神を、「わたしたちの宿るところ」「全能の神の陰に宿る人」「主の家に植えられ わたしたちの神の庭に茂ります」。

 

 

 

90編の詩人は、「主よ、あなたこそわたしたちの住まいです」と告白し、91編の詩人は、「いと高き者の隠れ家に住む者たちは、全能者の陰に宿っている」と告白し、92編の詩人は、「主の家の中に移植された者たちは、わたしたちの神の中庭で花を咲かせる」と告白しています。

 

 

 

このように9092編には、主なる神は神の民たちの住まいであるという、よく似た思想の表現があります。

 

 

 

90編がバビロン捕囚期に作られ、91編は第二イザヤが活躍していたバビロン捕囚期の終わりごろに作られ、92編はエルサレムへの帰還後に作られたと考えられています。

 

 

 

9092編の詩編を編集した者は、一つの意図をもっていたと思います。それは、紀元前539年にペルシアの王キュロスが神の民たちをバビロン捕囚から解放し、神の民たちが約束の地エルサレムの都に帰還した出来事を、詩編の編集者は第2の出エジプトと見ているのです。

 

 

 

だから、91編を90編と92編の間に入れ、この詩編には表題がありません。

 

 

 

9116節の「生涯、彼を満ち足らせわたしの救いを彼に見せよう」と詩人が歌っている「わたしの救い」とは、バビロン捕囚からの解放のことです。

 

 

 

説教題のとおりに、91編の詩人は、次のように賛美します。主なる神の御許に自分の避け所を得ている者たちは、生涯どこにいても主なる神に守られ、神の祝福を得る幸いな者であると。

 

 

 

90編の詩人は、人は罪ゆえに神の御前に人の生涯は空しく、絶望的な状況にあることを歌っておりました。紀元前586年に主なる神が新バビロニア帝国のネブカドネツァルを用いて、南ユダ王国の神の民たちの罪を裁かれました。彼らは、故国と愛するエルサレムの都と神殿を失いました。そして異教の地バビロンに捕囚されたのです。90編にはその頃の時代背景が歌われています。

 

 

 

ところが、捕囚の地で50年経ますと、一人の無名の預言者が現れ、主なる神が異邦人の王を「わたしの牧者」として遣わし、神の民たちをバビロンから解放されるという慰めのメッセージを語りました。

 

 

 

91編の詩人も第二イザヤと呼ばれる無名の預言者と同じ時代に生きる者としてバビロン捕囚の神の民たちに神の慰めを賛美しました。

 

 

 

いと高き主なる神を避け所、住まいとする者たちは、すなわち、神に信頼する敬虔な者たちは、神の特別な守りと祝福を得て、どこにいても安全であると。

 

 

 

さて、91編は、12節で人間の信仰宣言に始まり、1416節で主なる神が御自身に信頼を寄せる者たちに次のように約束された御言葉で終えられています。主はバビロン捕囚の苦難の中にいる神の民たちと共に居て、彼らが主を求めるならば、彼らに答えて、彼らをバビロン捕囚から解放し、約束の地エルサレムへと帰還させて、御自身の救いを彼らに見させると。

 

 

 

第二イザヤがバビロン捕囚の神の民たちを慰めの主に向けさせたように、91編の詩人は捕囚の中にいる神の民たちの目を主の救いへと向けさせています。

 

 

 

91編は、内容を二つに分けることができます。18節と916節です。18節は、主なる神への信頼の歌です。916節はその信頼に主なる神が応答された歌です。特に1416節は、神御自身の御言葉です。主なる神は御自身を信頼する者と共に居て、苦難の中でも彼らを守り、そして、彼らに御自身の救いを見せ、長き日々に彼らを御自身の祝福で満ち足らせると約束されています。

 

 

 

いと高き神、全能の神は、神の呼び名であり、属性です。この呼び名と属性は、次のことをわたしたちに伝えています。

 

 

 

捕囚の神の民を救ってくださる主なる神は、全能の御力を持たれているという確信です。

 

 

 

だから、バビロン捕囚の地で敬虔な神の民たちは、他の神々ではなく、主なる神を彼らの避け所、彼らの住まいとして信頼を寄せると賛美しているのです。

 

 

 

バビロンの捕囚の地で主なる神を信じて、敬虔に生きる者たちは、自らの力で生きているのではありません。主なる神のもとに身を寄せて隠れ、神の陰に宿っているのです。宿るとは、天幕を張って住むことです。神を住まいにしているのです。要するに神に守られている者たちなのです。

 

 

 

だから、彼らは神を「わたしの避けどころ、砦、わたしの神、依り頼む方」と、神を信仰告白するのです。

 

 

 

38節は、捕囚の地にいる敬虔な者たちが信頼を寄せている、自分の住まい、避けどころとしている主なる神が、彼らをどのように守ってくださっているかを、詩人は歌っています。

 

 

 

神は、捕囚の神の民を救ってくださいます。3節で「仕掛けられた罠から」、すなわち、獲物を捕るために罠を仕掛ける狩人のように、バビロン捕囚の地にあのエステル記のハマンのように神の民たちを滅ぼそうと罠を仕掛ける者たちがいるのです。

 

 

 

「陥れる言葉から」は、ヘブライ語聖書を見ますと、「滅びの疫病から」と記されています。新共同訳聖書は70人訳のギリシア語訳旧約聖書を参考にして、訳しています。これは、恐ろしい伝染病のことを指しているのです。人に破滅的な死をもたらす疫病です。

 

 

 

詩人は4節で、二つのたとえで死の危険にある神の民たちを主なる神は守ってくださると賛美します。

 

 

 

1はわしが翼で雛を覆い守るように、神の民を守ってくださいます。第2は神が大盾と小盾となって神の民たちを命の危険から守ってくださいます。

 

 

 

58節は、詩人が出エジプトの事件を思い起こして、賛美しています。主なる神は、エジプトを十の災いで撃たれました。

 

 

 

そして、過越しの夜に主なる神はエジプトの全土の家の長子を打たれました。しかし、家の門に犠牲の動物の血を塗った神の民たちの家は災いを逃れました。

 

 

 

そして、出エジプトした神の民たちは、モーセに率いられて40年間火の柱、雲の柱に守られて、すなわち、昼も夜も主なる神に守られて、約束の地へと旅を続けたのです。

 

 

 

そして、荒れ野の旅で、神の民たちは自らの不信仰で、多くの者たちが病に倒れました。しかし、敬虔な神の民たちはどんな時にも主に守られ、主に逆らう者の滅びをその目で眺めたのです。

 

 

 

916節で詩人は、敬虔な神の民たちに主の守りがあることを歌っています。特に1112節で主なる神は御使いたちを遣わして、神の民たちがこの世で歩むすべての道を守られることを歌っています。

 

 

 

そして、1416節で詩人は、神の御言葉として神が神を礼拝する者たちに救いと祝福を約束されたことを伝えているのです。

 

 

 

礼拝は神に招かれた者が神に呼びかけ、その呼びかけに神が答えられ、彼らに御自身の救いをお見せになるのです。

 

 

 

例えば、この礼拝です。今朝は説教だけですが、常にわたしたちは聖餐へと招かれています。そこでわたしたちは、御言葉と聖餐を通してわたしたちの主イエス・キリストの死と贖いにあずかるのです。

 

 

 

だから、この礼拝で主なる神がバビロン捕囚の神の民たちに詩人を通して「生涯、彼を満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう」と約束されたことは、今実現しているのです。

 

 

 

彼らは、礼拝の中で主なる神がバビロン捕囚から彼らを解放されることを見させられました。

 

 

 

それは、第二の出エジプトの出来事であり、来るべき主イエス・キリストの十字架の贖いの予型でありました。

 

 

 

そして、詩編91編の1112節から、わたしたちはキリストの十字架の贖いが確かにわたしたちの救いのためであったことを確信させられるのです。

 

 

 

ローマカトリック教会は、1112節の御言葉を守護天使の教理として教えています。神の民たちに特定の天使が付いて守ってくれると。

 

 

 

91編の詩人は、主なる神が教えられる神の御使いの任務を賛美しているのです。神の御使いたちの任務は、神の民たちがこの世で歩むすべての道を守ることでした。

 

 

 

「足が石に当たらないように守る」とは、石につまずくことがないように守ることです。

 

 

 

しかし、荒れ野で主イエスを誘惑しましたサタンは、12節の神の祝福の言葉を悪用して、主イエスを悪に誘おうとしました。

 

 

 

悪魔は、巧みに12節の御言葉を曲げて、神の御使いが父なる神に信頼している主イエスを守ってくれるから、神の子であれば助かるだろうだから、この高い建物から飛び降りて見ろと命じたのです。

 

 

 

そこで主イエスはサタンに「神を試みてはならないとある」と言われて、彼の誘惑を退けられました。

 

 

 

それによって主イエスは、御自身が神の子であるという特権を御自分のために用いないで、神と人のためにだけその生涯を捧げられました。

 

 

 

主イエスは、御自分の命を犠牲とし、わたしたちを罪と死から、悪魔のわなから救い出してくださったのです。

 

 

 

お祈りします。

 

 

 

 イエス・キリストの父なる神よ、今朝は詩編91編の御言葉を学ぶことができて感謝します。

 

 

 

 詩人の祈りを通して、わたしたちは常に神を礼拝する者たちを神が守られ、救われる祝福を見せていただきました。

 

 

 

わたしたちは、世俗化という捕囚の中にあります。神を信じることが日本の社会の中で軽んじられています。

 

 

 

その中で今朝もわたしたちは、主に招かれて、この礼拝に来ました。

 

 

 

その者たちを、91編の詩人の祈りを通して、神は常に守り、どんな災いも近づくことないようにしてくださると約束してくださいました。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

本当にあなたは生きて、わたしたちを救われる神です。

 

 

 

どうか、91編の詩人の祈りを、神が聞き届けてくださったことを、わたしたちの礼拝を通して、毎週御言葉を聞くことで、毎月聖餐式にあずかることで、また、わたしたちの教会で洗礼式が行われるごとに、主イエス・キリストの十字架の救いの喜びを実感させてください。

 

 

 

どうか、日曜日、わたしたちをこの教会にお招きくださり、主イエス・キリストが復活されたことを、共に喜び祝わせてください。

 

 

 

 この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

 

 

詩編説教092              主の2018527

 

 

 

          賛歌。歌。安息日。

 

いかに楽しいことでしょう 善い

 

主に感謝をささげることは 主に感謝することは

 

いと高き神よ 御名を歌い ほめ歌うことは、あなたの御名を。いと高き神よ。

 

朝ごとに、あなたの慈しみを 述べ伝える(のは)、朝にあなたの慈しみ、

 

夜ごとに、あなたのまことを述べ伝えることは 夜ごとにあなたのまこと。

 

十弦の琴に合わせ、竪琴に合わせ 十弦の琴に載せて、竪琴に載せて

 

琴の調べに合わせて。 琴による響きに載せて。

 

 

 

主よ、あなたは まことに主よ、あなたは

 

御業を喜び祝わせてくださいます。るわたしを喜ばせる、あなたの御業に

 

わたしは御手の業を喜び歌います。よって。あなたの両手の御業によってわた

 

主よ、御業はいかに大きく しは喜び歌う。何と大きい、あなたの御業は。主

 

御計らいはいかに深いことでしょう。よ。とても深い、あなたの考えは。

 

愚かな者はそれを知ることなく 粗野な人はしらない。

 

無知な者はそれを悟ろうとしません。愚かな者はこのことを悟らない。

 

 

 

神に逆らう者が野の草のように茂り 、悪人たちが青草のように芽生え、

 

悪を行う者が皆、花を咲かせるように見えても 不義を働く者すべてが茂る

 

永遠に滅ぼされてしまいます。 彼らが永遠に滅ぼされるために。

 

主よ、あなたこそ、永遠に高くいます方。しかし、あなたは高い者、永遠に、

 

主よ、あなたに敵対する者は、必ず滅び 。まことに見よ、あなたの敵たちは、

 

悪を行う者は皆、散らされて行きます。主よ、まことに、見よ、あなたの敵た

 

あなたはわたしの角を野牛のように上げさせ ちは消え失せる。不義を働く者

 

豊かな油を注ぎかけてくださることでしょう。すべては散り散りになる。あ

 

わたしを陥れようとする者をこの目で見 なたは高く上げる、野牛のように、

 

悪人がわたしに逆らって立つのを わたしの角を。わたしは注がれる、新鮮な

 

この耳で聞いているときも。油で。わたしの目は見つめる、わたしを狙う

 

者たちを。立ち上がる者たちの中でわたしに敵

 

神に従う人はなつめやしのように茂り 対し害しようとする。わたしの両耳は

 

レバノンの杉のようにそびえます。聞く。義人はなつめやしのように花咲く。

 

白髪になってもなお実を結び レバノンにある杉のように聳え立つ。

 

命に溢れ、いきいきとし 移植された者たちは主の家の中で、わたしたち

 

述べ伝えるでしょう。の神の中庭で花を咲かせる。なお彼らは白髪の中で

 

わたしの岩と頼む主は正しい方 実を結ぶ。彼らは艶やかで、みずみずしい。

 

御もとには不正がない。述べ伝える。「主は真直ぐで、わたしの大岩、彼の内に

 

不正がない。」

 

 

 

                    詩編第92116

 

 

 

説教題:「神は正しい」

 

 

 

詩編第92116節の御言葉を学びましょう。

 

 

 

この詩編には、1節に表題があります。「讃歌。歌。安息日に」。

 

 

 

表題の「安息日」は、この詩編92編だけが「安息日の典礼用」とされているのです。

 

 

 

讃歌」は、ヘブライ語で「ミズモール」と読み、ハープのような弦楽器を伴う詩です。通常は「ダビデ」のような作者の名と一緒に出てきます。

 

 

 

」は、ヘブライ語で「シール」と読み、「歌」という意味です。特に詩編120134編では「都に上る歌」という表題のように修飾語が付けられています。

 

 

 

 この表題と23節の御言葉から推測して、この詩編は安息日にエルサレム神殿の礼拝で主に仕えるレビ人によって賛美されたものだと考えられています。

 

 

 

今のわたしたちが手にしている詩編150編が今の形になったのは、紀元前300年のヘレニズムか、200年以後のマカバイ時代であると考えられています。

 

 

 

詩編を理解します時に鍵となるのが、詩編の種類です。詩編は祈りの4つの型があります。賛美、感謝、嘆願、信頼です。それから個人と団体に分けられます。92編は、個人的感謝の歌であります。

 

 

 

エルサレム神殿で主に仕えるレビ人が主に感謝して歌った歌に、神殿での礼拝者たちに心合わせて歌うように用いられたものでしょう。

 

 

 

詩人は、2節で神に感謝して賛美することは素晴らしいと歌っています。

 

 

 

24節は、この詩編の序文です。前書きです。

 

 

 

普通、レビ人はエルサレム神殿に礼拝に来る人々に、「主を感謝せよ」「主に向かって歌え」と呼びかけます。すなわち、礼拝者たちに勧告する形のものが多いのです。

 

 

 

ところが、この詩編の詩人は違います。2節で「いかに楽しいことでしょう」と歌い始めています。

 

 

 

これは意訳です。ヘブライ語は1語です。「トヴ」、すなわち、「善い」です。2節の1行目は、ヘブライ語の旧約聖書では、「トヴ」、「善い」という1語なのです。

 

 

 

詩人は、礼拝者たちに賛美を促すのではなく、彼自身の礼拝についての反省を述べているのです。

 

 

 

安息日にエルサレム神殿に来て、いと高き者である主に、感謝し、その御名を賛美することは善いと。

 

 

 

この「トヴ」、「善い」は、「美しい」という意味にも用いられます。だから、詩人は、安息日にエルサレム神殿で神に感謝し、神の御名を賛美することは、善い、美しい、素晴らしいと反省しているのです。

 

 

 

3節でユダヤ人たちが安息日にエルサレム神殿で朝と夕に礼拝するという習慣があったことが分かります。

 

 

 

神殿で臨在される神にお会いすることは、いつでもということではありません。神は神の民と会って、交わる時刻を指定されています。「朝ごと」「夜ごと」と時刻を指定されています。旧約聖書の世界では具体的な時を離れて神との関りや交わりを考えることはできません。

 

 

 

朝ごと」「夜ごと」という具体的な時間の中で、実際に神殿に神は臨在され、礼拝に来た神の民とお会いになり、交わられるのです。

 

 

 

だから、「朝ごと」「夜ごと」に神殿で神の民が神を礼拝することは、「あなたの慈しみ」と「あなたのまこと」を「述べ伝えること」でした。

 

 

 

あなたの慈しみ」は、選ばれた民に対する神の不変の愛を意味します。「あなたのまこと」は、神の民が神の契約に不誠実で、神から一時的に裁きを受けても、神の慈しみは変わらないという神の信実を意味しています。

 

 

 

エルサレム神殿で神の民たちが朝ごと、夕ごと主なる神に感謝し礼拝することは、神の慈しみとまことを証しする行為であると、この詩人は歌っているのです。

 

 

 

この伝統は、キリスト教会の中に受け継がれ、改革派教会の中でも主の日に朝ごと、夕ごとに礼拝している教会があります。

 

 

 

詩人は、4節で礼拝の賛美は楽器を伴って行われることを歌っています。

 

 

 

さて、詩人は57節で神に感謝し賛美することの根拠を歌っています。そして、詩人は816節で神の正しさを賛美するのです。

 

 

 

さて、5節の冒頭に「キー」というヘブライ語の接続詞があります。「なぜならば」と訳せる言葉です。「まことに」という訳も可能です。

 

 

 

詩編の賛美は、詩人が日常生活の個々の出来事について神に感謝しているのではありません。

 

 

 

神の御業そのものを神殿で礼拝する者たちと共に賛美することが中心です。礼拝者たちが自分を離れて、心を一つとし、神の御業を賛美することが、詩編における信仰の最も純粋な姿なのです。

 

 

 

詩人は、安息日に朝ごと夕ごとに神殿の礼拝で神に感謝し神の御名を賛美することがどうして善いことであり、人の幸福なのか、その根拠を57節で述べています。

 

 

 

5節と6節の神の「御業」「御手の業」は、詩人が個人的に特別に経験することを許された神の助けを意味しています。

 

 

 

詩人は、この世に悪人が存在することに悩み、彼は主なる神に彼らからの救いを願いました。

 

 

 

悪人のこの世における圧倒的な力に、詩人は苦しみました。しかし、神は永遠からの御計画で、彼を悪人たちから救われたのです。

 

 

 

悪人は、エステル記のハマンを思い起こせばよいと思います。神は、エステルをペルシア王国の王妃とすることで、悪人ハマンのユダヤ人撲滅計画を挫折され、ハマンがモルデガイを極刑にしようと設けた木に、彼と彼の家族を極刑にされました。

 

 

 

このような神の救いの配剤を、神など存在しないと言う愚かな者や主なる神とその御業に対して無知な者は知ろうとも理解しようともしません。彼らにとって安息日の礼拝は無意味な行為でしょう。

 

 

 

しかし、神に感謝し神の御名を賛美し、神を礼拝する者たちは、神がこの世界で、歴史の中で悪人に対して裁きをなさる正しい方であることを知るのです。

 

 

 

詩人は、816節で神の正しさを賛美します。彼は、悪事をなす悪人を滅ぼし、義人をいつまでも栄えさせられる主なる神の正しさを賛美しています。

 

 

 

812節で詩人は、主なる神がこの世に栄える悪人たちを滅ぼされることを、彼を滅びに陥れようとする悪人を主が滅ぼされることを、神礼拝を通して聞かせられ、悪人の栄えるこの世において平安を得ています。

 

 

 

さらに1316節で詩人は、主が悪人を確実に裁かれるので、神の民が悪人に対して勝利を得ていることを確信します。それは、神は不正をなし、悪人に味方されることはないからです。

 

 

 

だから、詩人は、常に神を礼拝し、神の中に生きて、神の正しさにあずかり、神は不正をなさらないことを神礼拝を通して聞かされ、この世の悪人は必ず神に滅ぼされるいと確信しているのです。

 

 

 

このように詩人は、神礼拝を通して神に感謝し、神の正しさを確信できました。そして、そのことによって、たとえこの世に悪人が栄えていても、神の正しさから彼らの滅びを、信仰の目で見ることができました。

 

 

 

この日本の国で少数者として生きるわたしたちは、この詩人から学ぶ必要があります。

 

 

 

神が定められた時刻に神に感謝し主の御名を賛美する礼拝が、今のわたしたちにとってどんなに善いことであるか、幸せな事かを学ぼうではありませんか。

 

 

 

わたしたちもこの世において悪人が栄え、わたしたちが虐げられ、不利益を蒙ることに悩まされます。ある時は、信仰を揺さぶられるでしょう。

 

 

 

だが、この礼拝を通して、わたしたちも神は正しいことを聞かされています。だからこそ、神は罪人の身代わりに主イエス・キリストを十字架に付けられて、わたしたちの罪を滅ぼし、さらに、礼拝ごとにキリストの愛からわたしたちを引き離すことはないと語り続けてくださっています。

 

 

 

この礼拝は、わたしたちが神の慈しみとまことを証しする場なのです。

 

 

 

お祈りします。

 

 

 

 イエス・キリストの父なる神よ、今朝は詩編92編の御言葉を学ぶことができて感謝します。

 

 

 

 詩人は、わたしたちに神を礼拝することの喜びを伝えてくれて感謝します。

 

 

 

わたしたちは、この世では少数者です。日本の社会の中で軽んじられ、弱い立場に置かれています。

 

 

 

この世の政治は、弱い者を助けないで、金持ちを助けています。政界も財界も官庁も悪と不正に満ちています。

 

 

 

それでもわたしたちがこの世に絶望しないのは、主が正しいお方で、悪人を裁かれるからです。

 

 

 

92編の詩人が神礼拝を通して、神は正しいというメッセージを聞かされたように、わたしたちもこの礼拝で常に神は不正をなさず、正しい方でこの世の悪人を滅ぼされることを信じさせてください。

 

 

 

 この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

 

 

 

詩編説教093              主の2018624

 

 

 

主こそ王。 主は王である。

 

威厳を衣とし 威厳を着ている。

 

力を衣とし、身に帯びられる。 主は着ている、力を身に帯びている。

 

世界は固く据えられ、決して揺らぐことはない。 世界も固く据えられ、

 

御座はいにしえより固く据えられ 揺らぐことはない。あなたの座は固く

 

あなたはとこしえの昔からいます 立つ。あなたは昔から、永遠の昔から。

 

 

 

主よ、潮はあげる、潮は声をあげる。 主よ、大川はあげる。大川はその声を

 

潮は打ち寄せる響きをあげる。あげる。大川はその轟をあげる。

 

大水のとどろく声よりも力強く 多くの水の声よりも、

 

海に砕け散る波。 海に砕け散る波よりも

 

さらに力強く、高くいます主。主は高き所で。力強い。

 

 

 

主よ、あなたの定めは確かであり あなたの証しはとても確かである。

 

あなたの神殿に尊厳はふさわしい。 あなたの家に聖なることはふさわしい。

 

日の続く限り。  主よ、日々の長さの限り。

 

 

 

                    詩編第9315

 

 

 

説教題:「王なる主」

 

 

 

今朝は、詩編第9315節の御言葉を学びましょう。

 

 

 

この詩編には表題がありません。

 

 

 

1節の「主こそ王」は、ヘブライ語の2語から成る神の民の力強い信仰告白です。

 

 

 

「アドナイ マラフ」

 

 

 

別に「主は王に即位した」と訳されています。

 

 

 

自然界の脅威を抑えて全世界の王に即位された主なる神を称える讃美です。

 

 

 

だから、この詩編はヤハウェ、すなわち、「主なる神」が王に即位された儀式の歌であると考えられています。

 

 

 

20世紀半ばに「死海写本」が発見されました。死海の西北岸のクムラン地域の洞窟から多くの写本が見つかりました。クムラン地域の11の洞窟と死海沿岸一帯の発掘調査によって今日「死海写本」と呼ばれている諸写本と多数の遺物が見つかりました。特にクムラン地域の11の洞窟から見つかった諸写本は「クムラン写本」と呼ばれています。

 

 

 

クムラン地域の発掘調査によりクムランの洞窟近くの遺跡は、古いもので紀元前8世紀、新しいもので紀元前2世紀のユダヤのハスモン王朝の時代の遺跡であると推測されています。

 

 

 

クムランの洞窟に紀元前2世紀から紀元前1世紀にユダヤ教の一宗派が修道院的な生活をしていたと考えられています。

 

 

 

死海写本は、エステル記を除く全ヘブライ語旧約聖書の原点と一部のギリシア語訳とアラム語訳の写本です。それから「旧約聖書続編」という名で、新共同訳聖書に日本語に訳されています旧約外典の一部のヘブライ語とアラム語の写本、そして旧約偽典の一部のヘブライ語とアラム語の写本が見つかっています。

 

 

 

現代の聖書翻訳では、旧約聖書の翻訳に死海写本が欠かせないものとなっています。

 

 

 

その死海写本の詩編の写本を見ますと、詩編93編の冒頭に「ハレルヤ」という言葉があるそうです。

 

 

 

クムランで修道院生活をしていた信仰者たちは、紀元前2世紀から紀元前1世紀のエルサレムの神殿体制を非難し、洗礼者ヨハネや主イエスのようにその腐敗堕落を糾弾しました。そして、主なる神による新しい神殿建設を待ち望んでいました。そして、彼らの終末の聖戦思想が熱心党のローマとの武力闘争につながり、他方ではエッセネ派とつながり、そこから洗礼者ヨハネが現れ、終末のメシア待望へとつながって行ったと考えられているのです。

 

 

 

クムランで修道院生活していた信仰者たちは、「主なる神こそ王である」と信仰告白したこの詩人のこの詩編を心から愛し、「ハレルヤ」と讃美していたのでしょう。だから、この詩編の冒頭で、「ハレルヤ」と記したのでしょう。

 

 

 

この詩編の他に詩編の中に7つ、「ヤハウェの王即位の歌」があります。詩編47編、そして詩編95編から100編です。この7つの詩編は、思想、内容、表現において詩編93編とよく似ています。

 

 

 

先ほど言いましたように、この詩編に表題がありません。だから、この詩編の作者やこの詩編が作られた時代背景を知ることはできません。

 

 

 

幸い、昔の写本を調べると、70人訳旧約聖書にはこの詩編に表題を付しています。「地に人が住んだ安息日の前日」、すなわち、「週の第六日」です。

 

 

 

また、新共同訳聖書は91篇、93編、そして95編に表題がありませんが、他の写本には「ダビデの讃歌」という表題が付されています。

 

 

 

5節で詩人は「主よ、あなたの定めは確かであり あなたの神殿に尊厳はふさわしい。日の続く限りに」と歌っていますね。

 

 

 

これは、かなり意訳しています。ヘブライ語の詩編をそのまま日本語に置き換えると、こうなります。「あなたの証しはとても確かです。あなたの家にふさわしい、聖なることは。主よ、日々の長さの限り。」

 

 

 

「あなたの定め」は「あなたの証し」です。「神殿」は「あなたの家」です。神の御名は「ヤハウェ」ですが、詩人はその名を直接に口にすることを恐れて「アドナイ」と神に呼びかけています。

 

 

 

だから、ある写本に「ダビデの讃美」という表題のあるものがあり、主の御名が古くから使われている神の呼び名であり、ダビデ王国の時代にまで、この詩編は遡ることができると思います。

 

 

 

この詩人をダビデと同定できないでしょうが、詩人はダビデと同じように、ダビデがエルサレムの都に建てた神の幕屋を「あなたの家」と呼び、そこで彼は主を礼拝し、主の証しを聞いたのです。

 

 

 

だから、詩人は、12節で次のように主を賛美しました。「主こそ王。威厳を着ている。主は着ている。力を身に帯びている。世界も固く据えられ、揺らぐことはない。あなたの座は固く立つ。あなたは昔から、永遠の昔から。」。

 

 

 

主なる神は、神の幕屋で神の民イスラエルの王として即位されました。主は王としての威厳を衣として着られ、全能の御力を帯びて御自身が創造された大地を、すなわち、この世界を支配し、しっかりした土台の上に築かれた建物のように世界をどんな自然の脅威からも保護されて、世界は揺り動かされることはない。あなたは永遠の昔からいますと、詩人は歌っています。

 

 

 

さらに詩人は、「主こそ王」であることを、主が王に即位されたことを、34節で主なる神の創造の御業を通して賛美しているのです。

 

 

 

3節の「潮」は、ヘブライ語の「ヘハロット」という言葉です。口語訳聖書は、「大水」と訳しており、新改訳聖書2017年は「川」と訳しています。新共同訳聖書と岩波訳聖書とフランシスコ会訳聖書は「潮」と訳しています。

 

 

 

訳の相違に注目することも良いのですが、わたしは古代のイスラエルの民たちの世界観、世界像に注目すると良いと思います。彼らは、主なる神が造られた世界を三層に見ていました。すなわち、地の上にある天と天の下にある地と、そして地の下の水です。

 

 

 

彼らの世界像が出エジプト記20章で鮮やかに描かれています。有名な神の十戒の記事です。そこで主なる神は、モーセを通して神の民にシナイ山で十戒を授けられました。

 

 

 

主なる神は、神の民に第二戒で次のように偶像礼拝の罪を禁じられました。「あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。」(出エジプト記20:4)

 

 

 

この彼らの世界像に照らして、詩人が3節で「潮」と言っているのは、「地の下の水」、すなわち、海、または創世記1章に神が天地を創造された時に、「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた」(創世記1:2)と記されている「深淵」でしょう。

 

 

 

だから、詩人は34節でこう主なる神を賛美します。「主よ、海の深淵はあげる、深淵は声をあげる。深淵はその轟をあげる。多くの深淵の声よりも、海に砕け散る波よりも、主は高き所で力強い。」

 

 

 

詩人の讃美の背後に主なる神の創造の言い伝えがあるのでしょう。主なる神は海の怪物レビヤタンに打ち勝たれ、荒れ狂う海の深淵を抑えつけて、その混沌から秩序を打ち立てられたという主なる神の創造の御業です。創世記12節の「深淵」こそ潮です。その深淵の混沌を抑えつけて、今日の秩序ある大地を、世界を、主は全能の御力で造られ、支配されているのです。

 

 

 

この詩編93編を「ハレルヤ」と讃美し、歌ったクムランの洞窟に住んだ敬虔な信仰者たちにとって、紀元前2世紀から紀元前1世紀は世界が混沌としていたでしょう。なぜなら、ユダヤはシリアのセレウコス王朝による支配が始まり、ユダヤの宗教的指導者のトビヤ家はセレウコス王朝に屈服しました。そして、ローマ帝国の脅威が迫りつつありました。ヘレニズムの世俗化がユダヤ社会に浸透しました。ユダヤの支配者層はユダヤ社会のヘレニズム化を歓迎しました。

 

 

 

だから、貧しく敬虔な信仰者たちは、世俗化したユダヤ社会を離れ、クムランの洞窟で修道院生活したのでしょう。

 

 

 

他方マカバイの乱が起こり、ユダ・マカバイがシリア・セレウコス王朝に勝利しました。そして、シリアに汚されたエルサレム神殿を清めたのです。

 

 

 

そして、ユダヤは紀元前143年から紀元前62までハネモネア時代が続くのです。そして、紀元前62年にローマ帝国がシリアに総督を置き、ユダヤもシリア総督のもとに置かれました。

 

 

 

この世は、主なる神に敵対する者たちが支配し、ユダヤに住む神の民たちにはこの世は混沌としたものとなりました。

 

 

 

しかし、クムランの洞窟に逃れた貧しい者、真に敬虔な信仰者にとって、王である主が、世界の創造時に混沌とした深淵から秩序ある大地を据え置かれたように、この世の終わりに主なる神は、この世界の王として、混沌としたこの世界を秩序ある大地として支配されることを、この詩編を通して待ち望むようになったでしょう。

 

 

 

今のわたしたちキリスト者たちも同じです。わたしたちの住む日本の国は、神に敵対する者が為政者となり、同時に世俗化が進んでいます。わたしたちの目には、この世は混沌としているのではないでしょうか。

 

 

 

だから、わたしたちはこの教会が持続することに不安を覚えています。この教会は今年で70年を迎えました。わたしは、これが主イエスの証しの確かさだと思っています。

 

 

 

主イエスは70年間、この教会で一日も休むことなく、日曜日に礼拝でわたしたちに語られてきました。御自身の御心を証しされてきました。

 

 

 

そこで詩人は、5節でこう讃美します。「あなたの証しはとても確かです。あなたの家にふさわしい、聖なることは。主よ、日々の長さの限り。」

 

 

 

主イエスがわたしたちの王として、全世界の支配者として、この世界を王として支配していることを証しされるのは、この教会の礼拝です。

 

 

 

そして、主イエスが礼拝でわたしたちに御自身の御心を証しなさる内容は、主なる神の聖なるものであります。

 

 

 

わたしは5節の「尊厳」は誤訳だと思います。

 

 

 

なぜなら、ヘブライ語「コデシュ」は「聖なること」「聖さ」であり、この言葉には二通りの意味があります。第一に「せいなること」は「明るい」「輝かしい」という意味があります。第二に「分離する」という意味があります。聖なることと汚れたことを、聖と汚れを、主なる神は分離されます。

 

 

 

まさに、この教会で主イエスが御自身の十字架を通して、わたしたちの罪を赦され、罪人から御自身の民に清めてくださることは、父なる神の栄光を現すことであり、この教会にふさわしいことではないでしょうか。

 

 

 

クムランの洞窟で修道生活をしていた敬虔な信仰者たちは、この世から逃れただけでなく、王なる主がこの世界に来られて、自分たち神の民をこの世から分離され、神の聖なるものとしてくださることを待ち望もうとしたのではないでしょうか。

 

 

 

わたしたちの教会が建物として持続することは、うれしいことです。しかし、今朝の詩編93編を通して、わたしたちは、今この世界に置かれている神の民の姿を、そしてわたしたちの教会の姿をはっきりと示されます。それは主に敵対する為政者とこの世の世俗化という混沌とした状況です。

 

 

 

そして、クムランの洞窟に逃れた神の民たちや中世のローマカトリック修道院の修道僧たちのように、わたしたちにはこの世で逃れられる所はありません。

 

 

 

この詩編93編の詩人のように、この世の終わりに王なるキリストがこの世界に来られて、この混沌とした世界を神の御国として秩序ある世界を打ち立てられるのを待ち望むことです。

 

 

 

そして、王であるキリストが再臨されたとき、上諏訪湖畔教会がこの世界に持続しているかは、正直に見通せないでしょう。しかし、「あなたの証しは確かです」。主イエスは、毎週日曜日に礼拝で御自身の御救いを証しされ、この教会を通して、この世の汚れからわたしたちを聖なる者と分離してくださいます。

 

 

 

主イエスが全世界の王として即位される時、主イエスの御支配の中でわたしたちが聖なる者とされ、神の御国の一員とされるのです。

 

 

 

だから、この詩人と共に、わたしたちも待ち望もうではありませんか。復活の主イエスが再びこの世界に、王として来られ、この世界のすべてのものを裁かれて、わたしたちを聖なる者として永遠に御自身のところに置いて下さる日を。

 

 

 

お祈りします。

 

 

 

 イエス・キリストの父なる神よ、今朝は詩編93編の御言葉を学ぶことができて感謝します。

 

 

 

 主はわたしたちの王です。主イエスはわたしたちの神、わたしたちの王です。

 

 

 

詩編93編は小さな詩編です。わたしたちの主は、天地の創造者、この世でのわたしたちの保護者です。

 

 

 

この世は、わたしたちの目に混沌とし、この世の支配者たちは王なる主に敵対します。また、この世は世俗化により、人は神を遠ざけて生きています。

 

 

 

だから、わたしたちの生きる世界は混沌です。

 

 

 

しかし、今この教会に希望があり、神の民に希望があることを教えられ感謝します。

 

 

 

この世は、主なる神が王として、わたしたちを支配し、わたしたちを勝ち組と負け組に分かたれるので社ありません。

 

 

 

主イエスの十字架を通して、わたしたちをこの世の罪から清めて、神の聖なる者と分けてくださいます。

 

 

 

毎週の教会の礼拝を通して、わたしたちは聖なる者とされ、神の御国の一員としてこの世界を旅していることを教えられ、感謝します。

 

 

 

どうか、わたしたちがこの世に絶望することなく、来るべき王なる主イエスが再臨され、世界の王となられる日を待ち望ませてください。

 

 

 

 この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。