改革派教会とは

           カルヴァン
      カルヴァン

16世紀ヨーロッパにおいて、当時の教会が神様が教えてくださった あるべき姿から乖離していると考えた ルター、カルヴァン、ツヴィングリなどが  教会を聖書の教える本来の姿に立ち返らせようという運動をおこしました。これが 宗教改革です。

 

 

この宗教改革の主導者の一人である カルヴァンの信仰を受け継ぐのが改革派教会です。 改革派とは 「常に神様によって改革され続ける教会」の意味であり キリスト教プロテスタント教会の中でも最も伝統ある会派の一つであるとともに、世界的に最も大きな会派の一つです。

 

 

私たちの日本キリスト改革派は 戦前の(旧)日本基督教会以来の正統的改革派信仰による教会形成を目指して 戦後間もない1946年に日本基督教団より分離独立し 設立されました。

現在 全国に約140の教会があります。