マルコによる福音書説教61              202159

復活はないと言っているサドカイ派の人々が、イエスのところへ来て尋ねた。「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が死に、妻を後に残して子がない場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけなければならない』と。ところで、七人の兄弟がいました。長男が妻を迎えましたが、跡継ぎを残さないで死にました。次男がその女を妻にしましたが、跡継ぎを残さないで死に、三男も同様でした。こうして、七人とも跡継ぎを残しませんでした。最後にその女も死にました。復活の時、彼らが復活すると、その女はだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしたのです。」イエスは言われた。「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、そんな思い違いをしているのではないか。死者の中から復活するときには、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ。死者が復活することについては、モーセの書の『柴』の箇所で、神がモーセにどう言われたか、読んだことがないのか。『わたしはアブラハム神、イサクの神、ヤコブの神である』とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。あなたたちは大変な思い違いしている。」

                       マルコによる福音書第121827

 

説教題:「生きている者の神」

今朝は、マルコによる福音書の第121827節の御言葉を学びましょう。

 

マルコによる福音書は、主イエスの受難週の三日目、火曜日の出来事を記しています(マルコ11:2013:37)

 

マルコによる福音書は、主イエスがエルサレム神殿の境内でユダヤの指導者たちといろいろなことについて論争されたことを記しています(マルコ11:2712:37)

 

権威について(マルコ11:27-33)、ぶどう園の悪い農夫たちのたとえ(マルコ12:1-12)、ローマ皇帝への納税について(マルコ12:13-17)、これまで学んできました。

 

今朝は、主イエスとサドカイ派の人々との復活についての問答(マルコ12:18-27)を学びましょう。

 

マルコによる福音書は、わたしたち読者にサドカイ派の人々を、次のように紹介します。「復活はないと言っているサドカイ派の人々が、イエスのところへ来て尋ねた。(18)と。

 

マルコによる福音書は、サドカイ派の人々の際立った特色が復活を否定することであると述べています。

 

サドカイ派の人々は祭司階級、貴族階級の人々です。彼らは、ファリサイ派の人々のように口伝律法、すなわち、先祖の言い伝えを信じてはいません。復活も天使も悪魔も否定しました。

 

さて、彼らは、主イエスのところに来て、「先生」と呼びかけ、次のように質問をしました。「「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が死に、妻を後に残して子がない場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけなければならない』と。ところで、七人の兄弟がいました。長男が妻を迎えましたが、跡継ぎを残さないで死にました。次男がその女を妻にしましたが、跡継ぎを残さないで死に、三男も同様でした。こうして、七人とも跡継ぎを残しませんでした。最後にその女も死にました。復活の時、彼らが復活すると、その女はだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしたのです。」(19-23)

 

サドカイ派の人々は、主イエスやファリサイ派の人々が信じています復活信仰を否定するために、主イエスに次のように質問を始めました。「「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が死に、妻を後に残して子がない場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけなければならない』と。

 

サドカイ派の人々は旧約聖書のモーセ五書だけを重んじました。すなわち、旧約聖書の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記です。この五書だけが、彼らにとって「モーセはわたしたちのために書いています」聖書でした。

 

『ある人の兄が死に、妻を後に残して子がない場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけなければならない』。

 

この聖書の御言葉は、モーセが申命記255節において神の民にレビラト婚について命じた掟です。長男が結婚し、子を設けないで死んだ場合、次男が長男の嫁を妻にし、長男の子を設けなくてはなりませんでした。

 

サドカイ派の人々は、それに従って主イエスに次のように質問しました。もしモーセが命じるレビラト婚に従う場合、復活の時に次のような不都合が生じるのではありませんか、と。

 

ある人に七人の兄弟がおりました。長男がある女性と結婚し、跡継ぎを設けないで死にました。次男は、長男の嫁を妻にしました。しかし彼も跡継ぎを設けないで死にました。こうして三男から七男までその女性を妻にしました。しかし、皆死にました。そして女性も死にました。復活の時、その女性の夫は、七人の兄弟たちの中のだれになるのでしょうか。

 

創世記には主なる神が結婚を一人の男と女に定められています。結婚は本来一夫一婦です。ですから、彼らは、主イエスに復活の時に七人の兄弟たちのだれが、その女性の夫となるのかと質問しました。

 

その質問の意図は復活を否定することでした。彼らは、主イエスにモーセが命じたレビラト婚に従うと、こうした矛盾があるのだから、復活はあり得ないと主張しようとしたのです。

 

ところが、主イエスは、彼らの質問に七人の兄弟たちのだれがその女性の夫なるとお答えになりませんでした。

 

主イエスは、「モーセはわたしたちのために書いています」と、彼らが言っています聖書とその聖書が証しする神の御力について、彼らの無理解を指摘されました。

 

主イエスは、彼らにこう言われました。「「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、そんな思い違いをしているのではないか。死者の中から復活するときには、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ。

 

主イエスは、彼らに「あなたたちは聖書の目的と聖書が証しする神の御力を知らない」と断言されました。

 

彼らは聖書を、彼らの復活を否定する道具に用いました。聖書の過去の事例を根拠にして、自分たちが復活を否定することが正しいと思っていました。

 

しかし、聖書の目的は罪によって滅びる人間とこの世界に対して、神が新たな命を与え、新しい永遠の関係に入れる神の救いの御力を証しするものです。

 

主イエスは、彼らに復活の時、結婚はないと言われました。復活した人間は天使たちのようになると。

 

主イエスの御言葉は、今のわたしたちには神秘です。そしてこの世と復活した世界は異なるのです。

 

サドカイ派の人々に、主イエスはモーセ五書の中に死者の復活はあると主張され、こう言われています。

 

死者が復活することについては、モーセの書の『柴』の箇所で、神がモーセにどう言われたか、読んだことがないのか。『わたしはアブラハム神、イサクの神、ヤコブの神である』とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。あなたたちは大変な思い違いしている。(2627)

 

主イエスは、彼らに復活の事実を、「モーセの書の『柴』の箇所」で証明しようとされています。

 

出エジプト記の3章です。主なる神がモーセを召し出される物語があります。羊飼いをしていたモーセは、シナイ山で主なる神に召し出されました。その時に柴が火に燃えており、その炎の中から主なる神が「モーセよ、モーセよ」と呼びかけられました。

 

主なる神は、彼に御自身をお示しになり、出エジプト記36節でこう言われました。「わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」と。

 

マルコによる福音書は現在形で記しています。かつて主なる神は、アブラハム、イサク、ヤコブに現れ、彼らと契約を結ばれました。主なる神は彼らと彼らの子孫の神となり、彼らと彼らの子孫は主なる神の民となりました。それ以来主なる神は、彼らと彼らの子孫の神として、彼らと共に生きられました。

 

そして、主なる神は、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神として彼らと共に生きておられたように、モーセと神の民イスラエルと共に生きておられるのです。シナイ山で主なる神は、彼らに主という御名で現れ、彼らと契約を結ばれました。そして、彼らの神となられ、神の民イスラエルと共に生きておられるのです。

 

わたしはあなたの父の神である」と言われているように、モーセの先祖のアブラハム、イサク、ヤコブは、死んでこの世から消滅してしまったのではありません。彼らの死後も、主なる神は彼らと共に生きておられるのです。彼らは、主なる神と共に永遠の命の中にあるのです。

 

主イエスの御言葉、「死んだ者の神ではなく生きている者の神である」という御言葉は不思議な御言葉です。

 

この御言葉は、直接死者の復活を述べていつわけではありません。

 

しかし、マルコによる福音書は、わたしたちにこの御言葉によってキリストの復活の希望を伝えているのです。

 

主なる神はアブラハムとイサク、そしてヤコブと契約を結ばれ、彼らと彼らの子孫を見捨てることなく、常に彼らと共に生きてくださったし、今もキリストは復活され、キリストの父なる神は、教会を見捨てることなく、今も共に生きてくださっています。

 

主なる神と共に、永遠に今を生きる保証がキリストの復活であり、わたしたちの復活なのです。

 

だから、わたしたちは、思い違いをすべきではありません。主イエスにあって死んでしまった兄弟姉妹たちは、既に死んでしまったものではありません。主イエスが復活し、今も生きておられるように、今もわたしたちと共に生きているのです。わたしたちも主イエスにあって死ぬのですが、主イエスが永遠に生きておられるように、永遠に生きるのです。

 

お祈りします。

 

主イエス・キリストの父なる神よ、今朝、マルコによる福音書第121827節の御言葉を学べる機会を得ましたことを感謝します。

 

わたしたちに聖書と聖書が証しする神の御力を正しく理解させてください。キリストの十字架と復活を通して、わたしたちを罪から救い、死から解放し、永遠の命の恵みへと導かれる神の御力を信じさせてください。

 

聖書を通して、恵みの契約の神の祝福に与らせてください。神に見捨てられることなく、永遠に神と共に生きる命の恵みを得ていることに感謝させてください。

 

どうか来るべき御国の到来を、キリストの再臨を、わたしたちの復活を待ち望ませてください。

 

 

 

この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

 

マルコによる福音書説教62              2021516

彼らの議論を聞いていた一人の律法学者が進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」イエスは律法学者が適切な答えをしたのを見て、「あなたは、神の国から遠くない」と言われた。もはや、あえて質問する者はなかった。

                       マルコによる福音書第122834

 

説教題:「神を愛し隣人を愛する」

今朝は、マルコによる福音書の第122834節の御言葉を学びましょう。

 

主イエスの受難週の三日目(マルコ11:2013:37)に、主イエスはエルサレム神殿の境内に入られました。そして御自身のところにやって来たユダヤの指導者たちと激しい論争をされました(マルコ11:2712:27)

 

それを見守るひとりの律法学者がいました。彼は、主イエスがユダヤの指導者たちの質問に対して立派に答えられるのを見て、とても感動しました。

 

彼には、長年悩んできた神の律法の問題がありました。彼はそれを主イエスに解決してもらうために、主イエスのところにやって来ました。

 

ですから、彼には、主イエスを試み、罠に陥れようという悪意はありませんでした。

 

マルコによる福音書の1228節を御覧ください。「彼らの議論を聞いていた一人の律法学者が進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」」。

 

あらゆる掟」とは、神の諸々の律法のことです。

 

月一度主日礼拝で旧約聖書の詩編を連続講解説教しています。今詩編119編を説教しています。この詩編のテーマは神の律法です。詩編119編は、神の律法を7つの言葉で言い表しています。「律法、戒め、掟、命令、御言葉、法、指図」です。

 

神の律法は、イスラエルの神、唯一の主が発せられた戒めです。

 

主イエスは、マルコによる福音書713節で、それを神の御言葉と言われています。ファリサイ派の人々と律法学者たちが先祖の言い伝えによって神の御言葉を無益なものにしていると非難されています。

 

主イエスは、マルコによる福音書101719節で御自身に永遠の命について尋ねた富める青年に神の戒めが永遠の命に至る道であると教えておられます。

 

このように主イエスにとって神の律法は、神の御言葉であり、永遠の命に至る道を教えるものでした。そして、主イエス御自身が受肉された神の御言葉であり、永遠の命は主イエスを通して開かれた道であります。

 

律法学者は、主イエスに「すべての戒めの中で第一の掟はどれですか」と質問しました。

 

ユダヤ教は、神の意志の統一がトーラーによって与えられると教えていました。だから、神の律法は一つのまとまったものであり、それゆえに神の律法のどれが掟の中で第一であり、第二なのかと区別することが本来不可能であると考えられていたのです。

 

ひとりの律法学者にとっては長年に悩み続けていた問題でありました。

 

ところが、主イエスは、神の律法を総計としての掟ともろもろの掟との区別をされています。

 

主イエスが言われている「第一の掟」と「第二の掟」は、総計としての神の律法です。主イエスは、神の律法全体が第一の掟、「神を愛せよ」、と第二の掟、「隣人を自分のように愛せよ」に区分できると教えられました。

 

だから、主イエスは、律法学者に次のように言われました。「「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」(マルコ12:2931)

 

第一の掟は、旧約聖書の申命記第645節の御言葉です。主なる神は、神の民イスラエルに御自身だけが唯一の真の神であり、他に神はないと宣言され、全身全霊で彼らが主なる神に仕えるようにお命じになりました。

 

第二の掟は、旧約聖書のレビ記1918節です。「隣人を自分のように愛しなさい。」という主なる神の命令を、主イエスは、第一の掟同様に、神の律法の重要な掟であると言われているのです。

 

このように主イエスは、神の律法のすべてを価値の等しい律法のまとまりとは理解されていません。第一の掟と第二の掟は、神の律法の他の諸々の戒めに対して明らかに重要度が異なるのです。

 

主イエスは、この神の律法理解によって、ファリサイ派の人々や律法学者たちが先祖の言い伝えを重んじて、礼拝における献げものの戒めを神の御言葉よりも重視する誤りを批判されました(マルコ7:113)

 

ひとりの律法学者もそのことに気づきました。だから、彼は主イエスからの彼の質問に対する答えだけでは満足できませんでした。

 

マルコによる福音書123233節の御言葉を御覧ください。「律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」

 

彼は、主イエスが答えられたことを、主イエスの信仰告白と受け取りました。すなわち、主イエスは、「主なる神はわたしたちの神、主はひとり。ほかに神はない」と告白されたと。そして、彼は心に感動を覚えて、主イエスが答えられた第一の掟と第二の掟が、神を愛することと自分のように隣人を愛することが、どんな動物犠牲を主なる神に献げることよりも良きことであると答えました。

 

主イエスは、この律法学者に対して好意を持たれました。律法学者が適切な答えをしたからです。律法学者は、思慮深く、賢く答えたのです。

 

主イエスは、彼に「「あなたは、神の国から遠くない」」と言われました。主イエスは、更に彼に、御自身について何と答えるのかと、決断を促されました。

 

今朝の主イエスとひとりの律法学者との対話は、マルコによる福音書を生み出した初代キリスト教会において、特に異邦人たちに福音宣教していたユダヤ人キリスト者たちにとっては大きな関心事でなかったでしょうか。

 

ユダヤ人キリスト者たちは異邦人たちに主なる神以外に神がいないことを伝えたでしょう。そしてその唯一の神、主が神の御言葉である聖書を通して異邦人たちに求められるのは、偶像礼拝のように神々に犠牲をささげることではありません。神を愛し、自分のように隣人を愛して生きることです。

 

主イエスが律法学者に言われました。「あなたは神の国から遠くはない」と。

 

わたしは今朝のこの御言葉を、読み、祈り、考えました。そして主イエスが「あなたは神の国から遠くない」と言われたのは、わたしたち上諏訪湖畔教会にも言われたのだと思ったのです。

 

教会における礼拝の喜びは、神の御国の前味です。聖餐式が暗示していますように、わたしたちの真の喜びは神の御国にて復活の主イエス・キリストにお会いし、永遠の命の交わりに入れられることです。

 

教会は、そこから遠くないのです。わたしたちの教会における主にある交わりは、神の御国における復活の主イエスとの交わりから遠くありません。

 

なぜなら、教会はキリストの十字架の愛に支えられているのです、わたしたちに「神を愛し隣人を愛せよ」と命じられた父なる神御自身がキリストの十字架を通してわたしたちを愛されました。そしてわたしたちを神の民とし、聖霊と聖書の御言葉の導きによってわたしたちが神を愛し、自分のように隣人を愛して生きることができるようにしてくださっているのです。

 

お祈りします。

 

主イエス・キリストの父なる神よ、今朝、マルコによる福音書第122834節の御言葉を学べる機会を得ましたことを感謝します。

 

どうか、わたしたちが聖霊と聖書の御言葉に導かれて、神を愛し隣人を自分のように愛して生きることができるようにしてください。

 

コロナウイルスの災禍の中で礼拝に集まれない兄弟姉妹も、主日礼拝のオンライン化を通して、共にわたしたちの礼拝に参加させてください。

 

主イエスが神の律法を、第一の掟が神を愛すること、第二の掟が自分のように隣人を愛することと教えてくださり、聖霊の助けによって神を愛し自分のように隣人を愛せるようにしてくださっていることを感謝します。

 

罪ゆえにわたしたちの信仰生活と教会生活が神を愛し隣人を愛することにほころびが出ますが、十字架のキリストのゆえに常に神がわたしたちの罪を赦してくださっていると確信させられて感謝します。

 

残念なことに、こんなにコロナウイルスの災禍の中にあっても、人々は神を恐れることもなく、神に無関心に生きています。

 

わたしたちだけが主イエスの十字架と復活を、この世の人々に証しできます。どうか、聖霊の助けをいただき、わたしたちの家族に知人に、キリストを伝えさせてください。

 

どうかこの世の終わりを思い、来るべき御国の到来を、キリストの再臨を、わたしたちの復活を待ち望ませてください。

 

 

この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

マルコによる福音書説教63              202166

イエスは神殿の境内で教えていたとき、こう言われた。「どうして律法学者たちは、『メシアはダビデの子だ』と言うのか。ダビデ自身が聖霊を受けて言っている。

 『主は、わたしの主にお告げになった。

「わたしの右の座に着きなさい。

わたしがあなたの敵を

あなたの足もとに屈服させるときまで」と。』

 このようにダビデ自身がメシアを主と呼んでいるのに、どうしてメシアがダビデの子なのか。」大勢の群衆は、イエスの教えに喜んで耳を傾けた。

                       マルコによる福音書第123537

 

説教題:「受難の主イエスはダビデの子以上の者」

今朝は、マルコによる福音書の第123537節の御言葉を学びましょう。

 

受難週の三日目(マルコ11:2013:37)に、主イエスとユダヤの指導者たちとの激しい論争(マルコ11:2712:27)は、一人の律法学者の主イエスへの質問で終わりました。

 

さて、主イエスは、律法学者が思慮深く、賢く答えたので、彼に「「あなたは、神の国から遠くない」」と言われました(34)

 

ひとりの律法学者が主イエスと多くの議論をつくして真理に至ったからではありません。彼が主イエスの教えに心から同意したからです。

 

神の国と教会における多くの議論とに関係はありません。神の国は主イエスを受け入れることです。主イエスに同意することです。教会が宣教しているキリストの福音に同意することです。

 

そして同意した者は、あえて質問をすることはありません。主イエスを受け入れた者が、どうして主イエスに疑問をもち、質問することがあるでしょうか。ひとりの律法学者のように主イエスに同意した者は、あえて質問することはありません。

 

だから、マルコによる福音書は、1234節後半で「もはや、あえて質問する者はなかった」と記しています。こうして神殿における主イエスとユダヤの指導者たちとの論争が終わったということです。

 

そして、マルコによる福音書は、今朝の1235節の御言葉につなげています。「イエスは神殿の境内で教えていたとき、こう言われた。

 

マルコによる福音書は、教師である主イエスを強調しています。主イエスは、12弟子たちを教えるだけではありません。多くの群衆を教えられています。

 

マルコによる福音書は、受難週の三日目の神殿における主イエスの教えを強調しています。主イエスとユダヤの指導者たちとの論争とひとりの律法学者との問答を通して、主イエスには教師として教える権威があることを、わたしたち読者に強調しています。

 

そしてマルコによる福音書は、神殿で教えられていた主イエスが次のような質問されたと、わたしたち読者に紹介しています。

 

35節です。「「どうして律法学者たちは、『メシアはダビデの子だ』と言うのか。

 

主イエスは誰に質問されたのでしょうか。マルコによる福音書は記してはいません。37節後半に「大勢の群衆は、イエスの教えに喜んで耳を傾けた。」と、マルコによる福音書は記しています。主イエスは、神殿で主イエスの教えを喜んで聞いていた群衆たちに向かって質問されたのでしょう。

 

受難の主イエスは、神殿で主イエスの教えを喜んで聞いていた群衆に向かって、「わたしを誰と言うのか」と質問されました。主イエスの御人格について、御自分は律法学者たちが民衆たちに教えているように「ダビデの子なのか」と質問されました。

 

ダビデはイスラエル王国の二代目の王です。紀元前1010年-970年まで40年間イスラエルを治めました。羊飼いから敵国のペリシテの勇士大男のゴリアトを倒して、先代の王サウルの家来に召し抱えられ、出世し、王となりました。主なる神を畏れる信仰の人でした。サウル王に迫害され苦難を味わいました。しかし、彼はユダヤの国を統一し、都をエルサレムに据えて、そこに神の幕屋を移しました。パレスチナにダビデ王国を打ち立てました。

 

ダビデの子」は、メシアの称号です。ダビデ王国はダビデ王の子、ソロモン王の死後南北に分裂し、北イスラエル王国はアッシリア帝国に滅ぼされて、神の民たちはアッシリアに捕囚されました。南ユダ王国はバビロニア帝国に滅ぼされ、神の民たちはバビロニア帝国に捕囚されました。

 

このように神の民たちは、異民族の王の支配を受けるようになり、ダビデ王のような理想の王がダビデ王の子孫から現れ、神の民イスラエルに勝利を与えてくれることを強く希望するようになりました。

 

ヨハネによる福音書は、74044節において主イエスの御言葉を聞いた群衆たちが、主イエスはメシアか否かと対立したことを記しています。「メシアはダビデの子孫で、ダビデの村ベツレヘムから出ると、聖書に書いてあるではないか(ヨハネ7:42)

 

このように律法学者たちはユダヤの民衆に教えていたのです。

 

 しかし、彼らが教えるメシア、ダビデの子は政治的メシアでした。この世の王としてのメシアでした。

 

だから、マルコによる福音書は、1047節で目の不自由なバルティマイが主イエスに目の癒しを求めて、「ダビデの子よ、憐れんでください」と叫ぶと、48節で多くの人々が彼を叱って、黙らせようとしたと記しています。受難の主イエスは、多くの人々が期待したこの世の王ではありませんでした。

 

主イエスは、真の意味で「ダビデの子」メシアです。しかし、律法学者たちが民衆に教えていたダビデ王の子孫から現れるこの世の王ではありません。

 

だから、主イエスは、詩編1101節のダビデ王の言葉を引用されました。36節です。「ダビデ自身が聖霊を受けて言っている。

 『主は、わたしの主にお告げになった。

「わたしの右の座に着きなさい。

わたしがあなたの敵を

あなたの足もとに屈服させるときまで」と。』

 

 主イエスは、詩編1101節の御言葉は、ダビデ王が聖霊を受けて、すなわち、聖霊において語ったと言われています。

 

 主イエスの時代の人々が詩編1101節をメシア預言として受け入れていたかどうかは分かりません。分かっていることは、マルコによる福音書は詩編1101節をメシア預言として受け入れていたことです。初代教会は、詩編1101節を主イエスの勝利と高挙と理解していました。そして、復活の主イエスが父なる神の右に座され、すべての敵を足もとに置かれる預言として受け入れていたのです。

 

 マルコによる福音書は、初代教会の理解を前提にしています。受難の主イエスは御自身を、律法学者たちが教えるダビデの子、すなわち、ダビデ王の子孫から生まれたこの世の王以上の者であると主張されたと記しています。

 

 その証拠が詩編1101節のダビデの御言葉でした。ダビデが言う「」は主なる神です。「わたしの主」は君主、統治者のことです。詩編1101節を、初代教会はメシア預言として理解しました。そこで「わたしの主」をメシアの予型と考えたのです。

 

 マルコによる福音書は、主イエスもその理解であったと記しています。主イエスは、ダビデがメシアをわたしの主と呼んでいるのだから、メシアは主なる神であり、ダビデの子であるこの世の王以上の者であると言われているのです。

 

 受難の主イエスは、これから十字架刑でゴルゴタの丘で殺されます。しかし、受難の主イエスは、この世の王以上の者です。死から復活し、勝利者として父なる神の右に座され、再臨の時にすべての者を御自身の足下に置かれ、裁かれます。

 

 大勢の群衆たちは、主イエスの教えを喜んで聞きました。彼らは、三日後には主イエスを十字架につけよと叫ぶのです(マルコ15:1314)

 

 

 しかし、今朝の御言葉では主イエスが群衆にとても人気があり、主イエスと律法学者との亀裂は増々大きくなっていったことを、マルコによる福音書は記しているのです。

 

お祈りします。

 

主イエス・キリストの父なる神よ、今朝、マルコによる福音書第123537節の御言葉を学べる機会を得ましたことを感謝します。

 

どうか、わたしたちにも聖霊をお与えください。今朝の御言葉を通して、主イエスがこの世の王以上のお方であることを信じさせてください。

 

そのお方が十字架の道を歩まれ、わたしたちを贖って下さったことを信じさせてください。

 

どうか、死に勝利されたキリストを待ち望ませてください。今なおコロナの災禍の中で死に支配に屈しているわたしたちが、キリストの再臨によって永遠の命へと移される恵みに与らせてください。

 

今与る聖餐の恵みを、期待させてください。

 

 

 

この祈りと願いを、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。